人間関係, 顕在意識

私はコンサルタントとコーチをする前は、塾講師と家庭教師をしていました。普通、塾講師や家庭教師の仕事といえば「勉強を教えること」だと考えると思います。しかしまだまだ血の気の多かった私は「成績を上げること」と定めて、また実際に結果を出して ...

ビジネス, ビジョン, 美意識, 顕在意識

先日、友人のファッションブロガーMBと、恋愛コンサルタント山本早織さんの三人で夕食会を開きました。集まったのは六本木にある「澤いち」。MBイチ押しのお店です。ウニ、アワビ、ハモ、ノドグロなど高級食材のオンパレードで豪華な食事に舌鼓を打 ...

個性と感性, 美意識

自分と他人。こう表現すると、まるで「一対一」の関係のように聞こえるかもしれませんが、それは大きな誤解です。自分は一人しかいないのに対し、他人は60億人います。私たちは常に他人に囲まれています。両親、家族、友人、クラスメイトや教師、部下 ...

動物的欲求, 闘争

先日、友人が開催した船上パーティに参加しました。私たちは日常生活だとデニムやTシャツといったカジュアルの装いが多めです。今回は船上という華やかな舞台で男性はスーツ、女性はワンピースといっドレスな出で立ちで、立色パーティを楽しもうという ...

個性と感性, 美意識

先日、サロンメンバーのKさんから引っ越しの相談を受けました。「仕事の都合で転勤」といった話ではなく、住む場所を変え、仕事を変え、つきあう人間を変えた方が人生が好転するのではないか、自分らしく生きられるのではないか、という考えです。確か ...

直感, 美意識

サロンメンバーのTさんから面白い話を聞きました。いつも万馬券を狙っている競馬好きの知人が、その日はなぜか買う直前で心変わりして、自分が予想した着順から変えてしまい、1500万円の万馬券を逃したそうです。1位から3位までに入賞する馬の予 ...

想い, 美意識

「星をたどる」では「自分らしく生きたい」と考える方を対象にコンサル、コーチングを行っています。そのクライアントであるTさんが地元の滋賀県で「ボッチャカフェ&バー」というプロジェクトを来月から始めることになりました。彼は元々養護 ...

環境, 顕在意識

十年近く前から「断捨離」「片付け」など所持品を減らす自己啓発が流行っています。消費社会かつ情報社会の現代はとてつもなく便利である一方、無自覚でいると物質と情報に自分自身が呑み込まれてしまいます。というのもパソコン、スマホ、マグカップ、 ...

ビジネス, 美意識

仕事は人生の大半を占めています。一般的な9時から5時までと考えても8時間。忙しい時には朝起きて夜寝るまで仕事という日だってありえます。そんな仕事に対して「働きたくないな」「なんで自分はこの仕事をしているのだろう」と考えていたら、人生の ...

美意識, 食欲、性欲、群欲

自己啓発についてアドバイスしていると、こちらでも思いもしなかったことが起こります。階層性コーチングに基づいて自己啓発を進めていく過程で、私が相談されていなかったことまで解決してしまうのです。普通、問題解決という原因と結果の因果関係を突 ...

個性と感性, 美意識

一度きりの人生、自分も何かを成し遂げてみたい。成功した実業家やスポーツ選手のドキュメンタリーやインタビューを見ていると、そうした熱い想いが湧き上がってきます。しかし、いざ「じゃあ何をするのか?」と考えると、答えが見つからないまま日常に ...

ビジョン

自己啓発にはいくつかのゴールデンルール、グランドセオリーがあります。その一つが優先順位です。物事に優先順位をつけて、重要なことから始めれば良い仕事ができるようになる。「20:80の法則」を織り交ぜて、「もっとも大切な二割の仕事を終えれ ...

ビジョン

私たちは人生をより良いものにしようと絶えず努力しています。勉強をするのも、資格を取るのも、痩せようとするのも、身体を鍛えようとするのも、料理を作るのも、楽器を練習するのも、合コンに出るのも、すべて自分の人生を咲かせようとする試みに他な ...

人間関係

人間関係にトラブルはつきものです。誰かに迷惑をかけられたり、意見が衝突したりして、「なんでそんなことができるんだ、信じられない!」「絶対に許さない!」と強い憤りを覚えた事は誰にでもあると思います。

そうした強い感情はその場 ...

変化

先日、友人とある飲食店に行ったら、とんでもなく杜撰な接客を受けました。注文した料理が来ない。どれくらい時間がかかるのかを尋ねたら、確認に行ったきり戻って来ない。そうかと思えば時間を聞いたことは一切言及せず、料理を持ってくる。頼んだトッ ...