個性と感性, 役割, 美意識

役割を担う

先日ある女性から、「自分がわからない」という相談を受けました。その女性は過去に60万円という大金を払い、6か月間という長期間にわたる自己啓発のコースを受講したそうです。話を聞いた限りでは、名作映画の感想文提出や三泊に渡る合宿などカリキ ...

ビジネス, 想い, 美意識, 顕在意識

先日、友人が主催しているオンラインサロンの集まりに参加したら、とある大学生から就職について相談を受けました。彼は現在大学四年生で教育の道を志しており、「人のためになることが、自分の喜びになるような子供を育てたい」という理念を持っていま ...

テーマ, 直感, 美意識

私たちは「同じことを繰り返したら、同じ結果が繰り返される」ことを知っています。だからこそ現状を突破するために、新しい情報や新しい出会いを常に求めています。その中でも特に求めているのが閃き、直観です。現実を作るのは思考であり、新しい現実 ...

ビジョン, 美意識

自己啓発ではよく「大局的に考える」ようアドバイスされます。今日のことだけではなくて、5年後や10年後のことを考える。自分のことだけではなくて家族のこと、あるいは日本や世界のことを考える。すると大きなビジョンや夢が生まれて、目標に向かっ ...

人間関係, 動物的欲求, 顕在意識, 食欲、性欲、群欲

ツイッターやインスタグラムといったSNSが普及してから、「承認欲求」という言葉がよく使われるようになりました。ネット上には自分に注目を集めるために、過激なパフォーマンス動画や、ヌード画像をアップする人がいます。彼らのそうした行動の根底 ...

変化, 想い, 美意識, 顕在意識

自己啓発には「思考は現実化する」という格言があります。しかし「俺は大金持ちだ、億万長者だ」と考えても、なかなか現実にはなりません。なぜなら思考と言っても、それは「普段の思考」を意味しているからです。

本業が平均年収並みで副 ...

環境, 部屋, 顕在意識

「掃除をすると運気が上がる」という話があります。ビジネスが上手くいくとか、昇進するとか、恋人ができるとか、効果は色々です。「掃除をするだけで運気が上がるなんて、そんなムシのいい話があるか」と思うかもしれませんが、運気の上がる掃除は「す ...

個性と感性, 美意識

「自分が好きなことをしよう」というアドバイスがあります。聞いた時は「なるほどもっともだ」と思うかもしれません。しかしいざ、「じゃあ自分が好きなことってなんだろう」と考えみると、その答えが意外とわからなくなってしまいがちです。

ビジネス, 顕在意識

 

昨日、ファッションブロガーMBとセミナーを行いました。テーマは「MBの作り方~世界を変えるマーケティング~」です。ブログ100万PV、有料メルマガ会員1万人、オンラインサロン会員500人。関連書籍累計100万 ...

人間関係, 個性と感性, 役割, 美意識, 顕在意識

「いい人なんだけど、ごめんなさい」は女性が男性の告白を断る常套句です。実際に告白して振られなくても、「いい人なんだけど恋人としては考えられない」という相手の空気を感じ取り、「いい人どまり」で終わってしまう自分に悩む男性はたくさんいます ...

ビジョン, 人間関係, 時間, 美意識, 顕在意識

新しい時間

時間は人間にとって最も貴重な資産です。お金も大切ですが、お金は増やすことができます。たとえ今の年収300万円だったとしても一念発起して本業や副業に励み成功すれば、2倍の600万円や3倍の900万円、あるいはそれ以上も不可能ではありませ ...

バイアスの解除, 潜在意識

神社には「夏越の大祓え(おおはらえ)」という行事があります。毎年6月30日に全国の神社で行われ、半年の罪穢れを祓い清めるのが目的です。「罪穢れ」などというと仰々しく聞こえるかもしれませんが、今風にわかりやすく言えばネガティブ感情です。 ...

ビジョン, 想い, 美意識

人は誰でも悩んでいます。はたから見ると自分の目標に向かって突き進んでいるような人であっても、それは変わりません。大切なのは悩みに向き合う自分の姿勢、スタンスです。

私のクライアントYさんは今、「ボッチャカフェバー」という企 ...

テーマ, 美意識

先日、友人が主催した船上パーティに参加しました。そこで対面相談を無料で行ったのですが、ある青年から恋愛について話を伺いました。普段はお一人に二時間半ほど設けるところ今回は十五分ほど、しかもパーティなので周囲は賑わっています。お互いに集 ...

ビジネス, 対話, 顕在意識

私のクライアントYasuさんが200人の前でスピーチをしました。彼は滋賀県ボッチャ協会で役員をしており、出席した講習会で頼まれたとのこと。普段は実技指導がほとんどなのですが、その日はたまたま「ボッチャ協会の代表としてお話をお願いします ...