星をたどる|新しい自己啓発のススメ

自分らしく生きるための自己啓発サイト

自分と人を動かす「信念」の魔法Part4「信念は人を動かす」

投稿日:

信念は人を動かす

人を動かすのは信念です。信念がなければ、どんなに理屈を並べても、理解されません。反対に信念があれば、たった一言でも、相手は頷きます。

ところが信念の大切さはあまり知られていません。そのせいで理屈ばかりが重視されています。理屈は物の仕組みです。信念は心の仕組みです。この両方の仕組みを知る必要があります。

信念が必要だからといって、理屈が必要ないわけではありません。極端に走ると、色々不都合が起こります。ただ理屈については誰もがすでに学んでいます。学校が何年もかけて、教えてくれるからです。

しかし信念については教えてもらう機会がありません。だから信念についても知る必要があるだけです。そして、その信念を知るのに参考になるのが偉人です。

信念のお手本は偉人の格言

思考は短期的で、信念は長期的です。偉人たちの言葉は格言として何百年も残っています。そして格言は人類を鼓舞し、動かし続けています。人を動かすのに、これ以上のヒントはありません。

武田信玄は「人は城、人は石垣、人は堀。情けは味方、仇は敵なり」と言いました。徳川家康は「平家を滅ぼす者は平家なり。鎌倉を滅ぼす者は鎌倉なり」と言いました。アインシュタインは「一度も失敗をしたことがない人は、何も新しいことに挑戦したことがない人である」と言いました。

偉人の格言には共通の特徴があります。それは「AはBである」という定義です。つまり信念とは定義です。「AはBだ」と言い切ることです。その言い切りに人は導かれます。それが「人を動かす」ということです。

もちろん、いきなり人類を動かそうと考える必要はありません。それではスケールが大きすぎて、「自分なんかが」と萎縮してしまいます。また実際に、それ相応の経験がなければ、スケールの大きい信念も持てるようになりません。

目の前の出来事に取り組むだけでいい

まずは家族や職場、学校などにいる身近な誰かを動かすレベルから始めましょう。一人が動いたら、十人が動くように。十人が動いたら、百人が動くように。百人が動いたら、千人が動くように。千人が動いたら、万人が動くように。目の前の出来事に取り組むめば、それだけで成長できます。

環境は常に変化しています。より大きな信念を持とうとすれば、その時その時に必要な経験が起こります。序盤はスライムを、終盤は魔王を倒すRPGと一緒です。

生きていれば、それだけで色々なことが起こります。そして、それについて色々なことを考えます。その思考から信念を汲み取りましょう。仕事、お金、家族、人生について、あらゆる「AはBだ」という定義を記録してください。

それが自分と人を動かせるようになる、メンタルレコーディングの始まりです。

オンラインサロン「星を辿る」の詳細はこちら

-メンタルレコーディング, 自己啓発

Copyright© 星をたどる|新しい自己啓発のススメ , 2018 All Rights Reserved.