星をたどる|新しい自己啓発のススメ

自分らしく生きるための自己啓発サイト

MB監修! サロン限定「北斗七星バングル」のサンプルが到着!

投稿日:2018年9月11日 更新日:

サロン限定バングルのサンプルが到着!

現在、「星を辿る」ではサロン会員限定の「北斗七星バングル」を製作中です。本日そのサンプルが届きました。ファッションバイヤーとして活躍する友人のMBが監修してくれたお陰で、期待以上の良い仕上がりになりました。

彼によると「バングル自体が肉厚で、北斗七星のデザインもいい。アクセサリーとして普通にオシャレ」だそうです。私が提案したのはバングルであることと、北斗七星をかたどることだけ。どんな形状で、どんな厚みのバングルにするか、また北斗七星をどんなデザインで表現するかといった具体的な部分は、MBと職人さんがアイディアを出してくれました。

もし私が一人で作ろうとしていたら、こんなにうまくはいかなかったでしょう。私たちは行き過ぎた自己責任論により、「なんでも自分でやらなければならない」と無意識に思い込んでしまっています。しかし自分が信じている相手を頼るのは悪いことではありません。

人間関係はその「信頼」で成り立っており、人間関係の別名が運命です。いかに人を信じて頼れるか、信頼できるかが、私たちの運命を左右しているのではないか。このバングルを作る過程でそんな風に感じました。生きていればやってみたいこと、挑戦したいことがたくさん出てきます。それができるのは変にやせ我慢したりせず、素直に誰かの手を借りられるからでしょう。

「守護」と「必勝」の象徴とされてきた北斗七星

裏には星を辿るのURLが刻まれています

ちなみにデザインに使った北斗七星は北極星を指し示す星列として知られています。すべての星々は北極星と北斗七星を中心にして空を巡ります。その性質から古代の人々から時刻の測定や航海の指針とされてきました。

また北斗七星の先端の星は「破軍星」と呼ばれています。破軍とは軍が破れること。この星に向かって攻める者は破れ、この星を持つものは守られる。中国で生まれた北辰信仰は日本にも伝わり、密教や修験道、そして日蓮宗などに取り入れられました。

哲学者カントは実践理性批判でこう記しました。「繰り返し、じっと反省すればするほど常にそして高まり来る感嘆と崇敬の念を持って心満たすものが二つある。わが上なる星の輝く空と、わが内なる道徳律である」

現代はネットによって何でも知る事ができ、またSNSによって様々な人と繋がれるようになりました。しかしその反面、肝心な自分自身については見失われがちです。今ほど自己啓発が求められる時代は過去にありません。

北斗七星バングルは人生の指針となるべき個性を発見し、またその個性によって人生全体が守られる、その象徴になればと思って作成しました。オンラインサロン「星を辿る」の初回入会特典として全員にお配りします。ぜひ日頃から身につけて、自己啓発にお役立てください。今月下旬から順次、配送予定です。

-オンラインサロン, サロン限定サービス

Copyright© 星をたどる|新しい自己啓発のススメ , 2018 All Rights Reserved.