自己啓発のコツ 自信は勇気から始まる

変化

誰もが胸に希望を抱いています。ああしたい、こうしたい、ああなりたい、こうなりたい。しかし、そのために行動できる人は滅多にいません。

なぜなら私たちはいつのまにかルールを押しつけられてしまうからです。ああしなさい、こうしなさい、あれはダメ、これはダメ。その中でいつのまにか声を上げることができなくなっています。

もちろん世の中が「ノールール」だと言っているワケではありません。守るべき約束事もあるでしょう。しかしそれ以上に、自分に都合のいい理屈をまるでルールのように振りかざし、他人を非難したり、操ろうとする人間が多すぎます。

時には他ならぬ私たち自身が、相手にそう仕掛けてしまいます。こうしてお互いにお互いを制限しあい、閉塞しているのが今の社会です。

では、どうすればこの状況から抜け出せるのでしょうか。どうすれば自信を持って、やりたいことをできるようになるのでしょうか。それにはまず「勇気」が必要です。

私はつい数年前まで、自分の考えを広めるつもりがありませんでした。ファッションブロガーとして活躍するMBをはじめとした昔からの友人たちには話していましたが、基本は考えるだけで済ませていました。

それが変わるきっかけになったのが、「ニコニコ動画」という動画サイトです。ひょんなことからその公式チャンネルを持たせてもらえた私は、そこで自分の考えを視聴者さんに話すようなりました。

チャンネルを運営していたある時、私は新潟に新しくできたカフェ「ネーベデラルーナ」について動画でレビューをしました。

ネーベデラルーナは日本を代表するバリスタである横山千尋さんがオーナーをしています。特にエスプレッソが絶品で、甘さと酸味と苦味を巧みにコントロールしてビターチョコレートのような味わいを作りだしています。

私は「料理にはコンセプトレベルがある」と考えています。それは食材と技術を超えた、料理人の想像力が作り出す世界です。

甘くて、苦くて、酸味があるなら、どのエスプレッソもビターチョコレートのようになるかというとそうではありません。作り手の想像力が、そう思わせる味のバランスを作り上げるのです。ネーベデラルーナのエスプレッソはまさにそのコンセプトレベルでした。

という内容を動画で話したところ、後日再びお店に行った際に、「動画拝見しました」とスタッフさんから声をかけられました。

正直お店の人に見られるとは考えておらず、言いたい放題の動画で内心では冷や汗ものでしたが、「オーナーが喜んでいた」と続けて言われとても驚きました。

横山さんは「この動画は自分の考えを全部話している。ウチに来るお客さんはみんな、この動画を見てから来て欲しい」とスタッフに話したそうです。プロ中のプロに認められた喜びは、私にとって大きな自信となりました。自分の考えを積極的に話すようになったのはそれからです。

私は料理人でもなければ、料理評論家でもありません。おまけに普段はコーヒーよりも、紅茶をよく飲んでいます。

「料理もほとんどしたことがない癖に、そんなに偉そうにコーヒーについてあれこれ語っていいのか?」

もしそんな風に考えていたら、答えはノーだったでしょう。動画も作らなかったと思います。しかし、その時の私はとにかく自分の考えを話すと決めていました。

馬鹿にされるかもしれない。間違いを指摘されるかもしれない。何の反応もないかもしれない。確かにそうかもしれません。しかし、それで声を上げなかったら、誰かに認めてもらえることもなく、自信が芽生えることもありません。

自信というのは「自分を信じる」ことです。しかし逆説的かもしれませんが、それは他者に認められることによって生まれます。だからこそ自信を持つ前に、まず行動する勇気が必要なのです。

間違いなく成功するならば、勇気はいりません。しかし「間違いなく成功する」とあらかじめわかることなんて果たしてあるでしょうか。ないからこそ、勇気はいつの時代でも賞賛されています。

あなたは今、「やってみたいこと」がありますか。その「やってみたいこと」に自信はあるでしょうか。もしなかったとしても、いやないからこそ挑戦してみるべきだと私は思います。なぜなら、その踏み出した一歩が後の自信へと繋がる勇気に他ならないからです。

 

【個別相談承ります】

「星をたどる」ではメールやスカイプを利用した個別相談を承っております。詳細は下記販売サイトをご覧下さい。

SHOP星をたどる

変化