「本当の自分」の作り方

新しい時間

因果関係などすでに古い。
手垢にまみれて、
くたびれてしまっている。
私たちの視野をかすめているのは、
時間の新しい形態。

 

※ブログランキング参加中。クリック応援よ ...

「本当の自分」の作り方

魂の燃焼

目的地などない。
走ることだけが目的になる。
その時、魂は燃焼する。

 

※ブログランキング参加中。クリック応援よろしくお願いします。

 

本当の自分を取り ...

「本当の自分」の作り方

成立させる意思

花を植えても庭にはならない。
事物をそうたらしめるのは
重ねられた人の意思。

 

※ブログランキング参加中。クリック応援よろしくお願いします。

 

本当の自 ...

「本当の自分」の作り方

水が燃える。
風が燃える。
心が燃える。

ある次元においては、
全物質と全現象が
生命の燃焼だ。

 

※ブログランキング参加中。クリック応援よろしくお願いし ...

「本当の自分」の作り方

自由の意味

梅には梅の花が咲く。
薔薇には薔薇の花が咲く。

梅に薔薇は咲かず、
薔薇に梅は咲かない。

「私はなんでもできる」
「自分は何にでもなれる」

この世で人間だけが
自由に ...

「本当の自分」の作り方

成長に必要なジャンプ

見たことのないもの。
聞いたことのないもの。
触れたことのないもの。

未知と接するたびに
私たちは変化する。

「笑われるかもしれない」

恥と怯えを振り切って、
サイク ...

「本当の自分」の作り方

絶望を乗り越える力

意味がないかもしれない。
努力が報われないかもしれない。
すべては徒労に終わるかもしれない。

そんな不安を感じつつも、
「それでもなお」と思えることに
自分のなすべき使命がある。 ...

「本当の自分」の作り方

欲望の先に願望がある

欲望と責任感が戦えば、
必ず欲望が勝つ。

働かなくてはいけない。
勉強しなくてはいけない。
手伝わなくてはいけない。

上辺だけの責任感は決して実らない。
しかし欲望が願望に変われ ...

「本当の自分」の作り方

エッセンスはどこにあるのか?

物事には中心と周辺がある。
竹林は目線の高さよりも、
空に近い方が美しい。

ただなんとなくでは
見逃してしまうものがある。
心が「ここだ」と感じる部分。
それがエッセンスだ。 ...

「本当の自分」の作り方

「できること」と「できないこと」を見極める

自分にできることがあり、
自分にはできないことがある。
そんな当たり前を私たちは忘れてしまう。

「なんでもできる」という万能感。
「なにもできない」という無力感。
どちらに偏っても人生は閉じ ...

「本当の自分」の作り方

考えすぎる愚かさ

考えなくてもわかる当たり前のことが、
考えすぎることでわからなくなる。
人は時に考えることで愚かになる。

悩むことでその悩みが深くなるならば、
自分は何が欲しいのか、
自分は何がしたいのか。 ...

「本当の自分」の作り方

変化や成長は「前兆」にある

「なんとなくそうなる気がしていた」
「そうなると薄々感じていた」

私達はよくそう口にする。
その気づきこそが前兆だ。

自分がどんなことを考えたか?
自分は誰にどんなことを話したのか? ...

「本当の自分」の作り方

思考のアクセルとブレーキ

人間にもアクセルとブレーキがある。

クルマなら足元を見ればすぐにわかる。
しかし人間は思考でできている。
形のないものを見極めるのは難しい。

どの思考が踏み込むべきアクセルなのか。
どの ...

「本当の自分」の作り方

役割は好きの先にある

役割は「好き」の先にある。

生まれてきた意味や役割は
外に探しても見つからない。

押し付けられても、
思い込もうとしても、
すぐに収まりがつかなくなる。

好きな街に住み、 ...

「本当の自分」の作り方

ブランドとは誇りを持つこと

ブランドとは自分たちの商品に誇りを持つこと。

自分たちの商品に誇りがあれば、
見せ方にも売り方にもこだわりが生まれる。

シャネルやエルメスでは、
一つ一つのバッグが美術品のように並べられている。 ...