「いい人」は難癖や言いがかりをつけられやすい。戦うことの大切さ

動物的欲求, 闘争

先日、友人が開催した船上パーティに参加しました。私たちは日常生活だとデニムやTシャツといったカジュアルの装いが多めです。今回は船上という華やかな舞台で男性はスーツ、女性はワンピースといっドレスな出で立ちで、立色パーティを楽しもうという企画です。

いつもよりオシャレをして、船の上で仲間たちと時間を過ごす。そういった非日常はただそれだけで、私たちの感性を刺激します。その体験を通して、様々なアイディアを閃き、仲間同士で面白い話が生まれます。お金持ちがクルーザーを所有するのも、ひょっとしたらそのためなのかもしれません。とても貴重な体験をさせてもらえました。

私自身もこのパーティを大いに楽しみましたが、それとは別に、この日は普段有料で行っている対面相談を無料でお受けしました。とはいえ、もちろん本格的な対面相談とはいきません。私がお話を伺う場合、いつもは一件に2時間半から3時間ほどかけていますが、今回は4時間程のパーティで5名からお話を伺いました。

一人の持ち時間は15~20分ほど。あちこちで会話に花が咲いているので、お互いの集中力もそこまで高くはありません。しかし、それでも一人一人が何かしらのきっかけを感じていただけたようです。

その相談の一つに、「街中で難癖をつけられやすい」というものがありました。その方は電車に乗っていたりすると、見知らぬ人から「さっさと前詰めろよ」といった風によく言いがかりをつけられてしまうそうです。こうした経験はみなさんにもあるかもしれません。というのも、これは仕事や恋愛、家族といった一人一人異なるプライベートな領域が関わる悩みではなく、人間の持つ心理構造そのものに原因があるからです。

「星をたどる」では人間の意識を美意識、顕在意識、潜在意識、動物的欲求の4段階に分けて考えます。このうち美意識と動物的欲求からは正反対の願望が生まれます。例えば女性は「綺麗になりたい」「美しくなりたい」と考えますが、同時に「美味しいものが食べたい」「甘いものが欲しい」とも考えます。

女性に限らず私たちはいつもこの矛盾した二つの願望に悩ませられます。綺麗になるためにはある程度の節制が必要です。しかし、それがわかっていながらも、つい食べ物に手を出してしまい、「どうして私は意志が弱いんだろう」と落ち込みがちです。

しかし、その落ち込み方には活路がありません。なぜなら私たちは美意識と動物的欲求という、もともと矛盾した願望が綱引きを演じる仕組みを持っているからです。美意識が勝てば私たちは節制を選択し、動物的欲求が勝てば私たちは暴飲暴食を選択します。

ですから、もし自分に「どうして?」と問いかけるなら、「どうして自分は意志が弱いのだろう」ではなく「どうして自分は綺麗になりたいのだろう」と問いかけた方が建設的です。その問いかけの中で自分だけの理由を見つかれば、「キレイになりたい」という美意識が拡大し、それが動物的欲求を上回って、自然と綺麗になるための行動を取るようになります。このように美意識の拡大を図るのが「自己啓発」です。

美意識と動物的欲求は食欲だけでなく、他のいろいろな場面でも問題を引き起こします。「街中で言いがかりをつけられる」という悩みもそうです。私たちは人間関係について、「協調」と「競争」という二つの判断基準を抱えています。協調意識は美意識から生まれ、競争意識は動物的欲求から生まれます。

もし私たちがあまりに動物的で競争的すぎるとしたら、社会は成り立ちません。だから教育は「周りの人と仲良くしましょう」「人を傷つけてはいけません」と教え続けます。それは全くもってその通りなのですが、人間は十人十色です。柄の悪い粗野な人間はこうした協調を無視して、競争意識に基づいて行動します。

そうした柄の悪い粗野な人間がターゲットにするのが「いい人」です。いい人は争いを好まず、誰かと揉め事になるくらいなら相手を優先して、自分は我慢しようとします。それは立派な心がけですが、同時に「私は何をされても無抵抗です」と宣伝しているようなものでもあります。これは直接言葉にしているわけではなく、その人の立ち居振る舞いや目線の動き、しぐさの端々から醸し出す雰囲気として表れます。

人間は雰囲気に対して、私たちが考えているよりもずっと敏感です。実際に会話が始まる前から、誰にどんなトーンで何を話すか、あるいは何を話さないかを決めています。柄の悪い人間も誰彼構わず喧嘩を売っているわけではありません。彼らは自分でもそうとは気づかぬうちに、「こいつになら何を言っても大丈夫だな」と品定めをしています。

そんな人間の標的になるのは、あまりにも馬鹿げています。では、どうすれば言いがかりをつけられないようになれるのか。「自分の身を守るのは当然の権利」という当たり前を思い出しましょう。人間は美意識と動物的欲求の両方を持っています。たとえ「平和に、仲良く、美しく生きたい」と思っても、「戦う」という選択肢を放棄してはなりません。

人を傷つけてはいけない。確かにその通りです。しかし、自分が傷つけられている状態なのに、なお傷つけてはいけないというのはおかしな道理です。犬は牙を持ち、猫は爪を持っています。そして、もし自分が傷つけられる状況になれば、彼らはその爪や牙をもって戦います。横暴に対する抵抗は人間も含めたすべての動物に与えられた力であり権利です。

ですから、私はこうした相談を受けた場合は必ず「心に剣を持ちなさい」とアドバイスしています。私たちは感じたいものを感じられる力があり、感じたいものを感じられる権利があります。その権利が奪われようとするなら、剣を持って戦いましょう。身を守るために戦うのは、悪でも迷惑でもありません。

以前、父親の横暴に悩まされている青年の相談を受けたことがあります。私は彼に「今までに一度でも戦ったことはありますか?」と尋ねました。彼はそれに「たぶんないと思います。でも、あるとすればそれは今だと思います」と答えました。その瞬間に起こった変化は今でも忘れられません。それまで紙のように薄かった彼の声音に、にわかに力強さが滲みました。人間が力や権利を取り戻すのは、いつだって心から始まります。

するとその心の強さが雰囲気に現れて、難癖や言いがかりが自然と減ります。柄の悪い粗野な人間も、自分にとって都合のいい相手を選んでいます。わざわざ反撃を喰らいそうな気の強そうな人間に喧嘩を売る馬鹿はいません。ですから「心に剣を持つ」と言っても、実際にそれを振るう必要はありません。「こちらから剣を抜く気はないが、いざとなれば相手もただでは帰さない」という秘められた意志によって、そもそも問題が起きなくなります。物事には「解決」ではなく「解消」というアプローチがあり、自己啓発はこれを目的の一つとしています。

今回のご相談は街中というシチュエーションでしたが、言いがかりや難癖は家族間や仕事場など人間関係のあらゆる場面で起こります。つまらない人間を相手に、あなたが犠牲になる必要などどこにもありませんし、「どうしてあの人はそんなことができるのだろう?」と問いかける必要すらありません。自分から喧嘩をしかけるのは論外ですが、「反撃の気構え」はいつでも携えていましょう。あなたがあなたらしく生きるために、欠かせないことです。

 

【人生を変えるきっかけに……SHOP星をたどる】

「星をたどる」ではブログで公開している内容以上の商品、サービスをご提供しています。

・多くの方の人生を変えてきた対面相談
・メール相談とフェイスブックグループによるオンラインサロン
・参加費2万円、小規模トークセッションを収録した限定動画
・総時間40時間超、あらゆる自己啓発について解説した動画アーカイブ

「自分の考え方について見直す良いきっかけになり、全てが新鮮に感じました」
「次の日の朝、涙を流しながら目覚めました」

など対面相談はもちろんですがメール相談や動画でも、驚くような反響をいただいています。詳細は下記販売サイトをご覧下さい。

SHOP星をたどる

動物的欲求, 闘争