どうすれば相手を許せるようになるのか?

人間関係

人間関係にトラブルはつきものです。誰かに迷惑をかけられたり、意見が衝突したりして、「なんでそんなことができるんだ、信じられない!」「絶対に許さない!」と強い憤りを覚えた事は誰にでもあると思います。

そうした強い感情はその場限りで終わらずに、後々まで尾を引きます。何をやっていても、そのことが頭にちらついて、目の前に集中できません。また自分の行く先にその人がいるだけで、こちらの表情や身体がこわばり、それが場の空気を淀ませてしまいます。

人間は雰囲気や空気に敏感です。その淀んだ空気がまた新たなトラブルのきっかけになったりします。大抵の揉め事はどうでもいい理由を発端にして始まります。はっきりとした言葉や行動として現れる以前の、ちょっとした表情や仕草に感情が表現されて、それがその後の展開を作り出しています。「許せない」という感情に良いも悪いもありませんが、どんな感情でも引きずるとロクなことになりません。

とはいえ、「いつまでも相手を許せないでいると、自分のためにならないから、許すようにしましょう」といったお題目だけでは許せるようにはなりません。それで話が済むのなら、私たちは人間関係でこんなに苦労しません。物事には全て理由があります。誰かを許せるようになるには、きちんとしたメカニズムがあります。そのメカニズムが「聖性(holy)」です。

「聖性」は日本人にはあまり馴染みのない感覚です。日常生活ではまず使いません。サラリーマンや女子高生が「それって聖性だよね」と話しているのを見かけたことがある人は、おそらくいないでしょう。ゲームや漫画のファンタジー作品で、「聖剣」「聖属性」といった表現を見かけるのがせいぜいです。

「聖性」はどちらかというと東洋よりも西洋、キリスト教に根ざした概念で、その意味するところは全体性です。翻訳書を読んでいると「Holy Means Whole」というフレーズを見かけることがあります。それは自分の中に全ての要素があると認めることを意味します。

全ての要素ですからポジティブとは限りません。冷酷や残虐、憎しみや裏切りといったネガティブも自分にあると認めるのが聖性です。「あんなことをするなんて信じられない」「自分はあの人みたいには決してならない」と考えていたら、相手を許すことはできません。許すと認めるには関連があります。「たまたま違っただけで、自分も同じ境遇だったら、同じように振る舞っていたかたもしれない」と認められると、相手を許せるようになります。

自分の感情に決着が着いて、周りに伝えている雰囲気や空気が変わると、相手の態度も変わってきます。あの人とはいつもギクシャクしていたけど、いつの間にか普通に話せるようになっていた。直接的な解決ではなく、そうした間接的な解消を目指すのが自己啓発です。

サロンメンバーのWさんは、職場でやたらと突っかかってくる女性の先輩社員について悩んでいました。その悩みがいつのまにかなくなったのも、彼がその先輩に対して「優しく接しよう」と考えるようになったのがきっかけです。

Wさんはその先輩について考えていたら、「彼女がそうやって振る舞うのは、今まで優しくされて来なかったからではないか」という気づきが生まれたそうです。この気づきには「もし自分が同じように優しくされないで過ごしてきたら、自分も同じように振舞っていたかもしれない」という前提があります。それが「自分にもまたそういう側面、可能性がある」という全体性すなわち聖性であり、許せないという感情を手放せる根拠になります。

もちろん、その先輩女性が本当に今まで優しくされて来なかったのか、またそれが振る舞いの原因なのかはわかりません。ましてや、Wさんがそれから優しく接することができたのかも未知数です。しかし、そうした事実とは関係なく、Wさんを悩ませていた「やたらと突っかかれる」というトラブルはなくなりました。これが解決ではない、解消という手法です。

一般的なコミュニケーション法では「相手にこう言いましょう」とか「こう振る舞いましょう」といった言動のレベルしか言及されません。しかし人間関係はそんな「ボタンを押したら開く」みたいなエレベーターの扉のように単純なものではありません。相手をどうこうしようとするオペレーションではなく、まず自分について理解する必要があります。

「人生にはそういうことだってあるし、そういう人だっている。状況が違えば、自分も同じように振舞っていたかもしれない」

自分のポジティブもネガティブも含めた全体性、聖性を認める。それは相手を許すだけでなく、自分を許すことにも繋がります。私たちが誰かを裁く時、返す刀で自分自身を裁いています。自分も相手も裁けば裁くほど心が狭くなり、許せば許すほど心は広くなります。私たちは「どちらの言い分が正しいのか」といった議論に終始しがちです。しかし、正しさを求めるだけが全てではありません。

 

【SHOP星をたどる】

「星をたどる」ではブログで公開している内容以上の商品、サービスをご提供しています。

・多くの方の人生を変えてきた対面相談
・メール相談とフェイスブックグループによるオンラインサロン
・参加費2万円、小規模トークセッションを収録した限定動画
・総時間40時間超、あらゆる自己啓発について解説した動画アーカイブ

対面相談はもちろんですが、メール相談や動画でも「次の日の朝、涙を流しながら目覚めた」など、驚くような反響をいただいています。詳細は下記販売サイトをご覧下さい。

SHOP星をたどる

人間関係