星をたどる|新しい自己啓発のススメ

自分らしく生きるための自己啓発サイト

どうすれば罪悪感から抜け出せるのか? 自分らしく生きるために必要な知恵

投稿日:2018年8月25日 更新日:

生きていれば誰でも他人に迷惑をかけます。自分の人生を変えようとしている最中であれば尚更です。たとえば転職を考えれば、家族や同僚に影響が出ます。それを気にしすぎたら、自分のための一歩を踏み出せません。これがトンビが生んだタカになれずに、カエルの子はカエルで人生が終わってしまう、運命の正体です。私たちは行動のみならず思考や感情まで、人間関係に塗り固められています。

先日、「星を辿る」のサロンメンバーが独立開業のために退職に踏み切りました。ずいぶん前から言おう言おうと思っていたものの、「自分が抜けたら残された人に迷惑がかかるのでは」と罪悪感を覚えてなかなか言い出せなかったそうです。彼はこの状態を「独立開業は自分を向上させる喜ばしいこと。楽しいこと」とポジティブな面を見出して打開しました。物事には様々な側面があり、どの面を理由にするかで行動も変わります。

彼は自分にとっても相手にとっても正しい選択をしたと思います。人間とは不思議なもので、お互いの心と心が深いところで繋がっています。自分が罪悪感をもって接していると、その罪悪感に感化されて、相手も「この忙しい時期に辞めるなんて」とついなじりたくなってしまうものです。一方、自分が明るいビジョンに突き動かされていれば、相手も「そうか、頑張れよ」と応援してくれます。もちろんそれまでにどんな人間関係を築いてきたかにもよりますが、自分の心構え次第で展開が変わってしまうのも確かです。

自分が罪悪感を持っているから、相手もそれにつられて恨んでしまう。あるいは実際に相手に恨まれているから、それにつられて自分の心にも罪悪感が募ってしまう。この罪悪感と恨みの相互関係を「星を辿る」では「法廷回路(コートサーキット)」と呼んでいます。

このメカニズムを昔の人は「生霊」や「怨念」と呼びました。自分が誰かに恨まれていると感じていたら、本来のパフォーマンスは発揮できません。それはもしかしたら自分が勝手に膨らませた思い込みかもしません。大抵の場合、相手の本音を聞き出すのは困難で、本当のところはわからないからです。しかし事実にせよ想像にせよ、その罪悪感によって人生は停滞します。罪悪感に駆られると合理性うんぬんの前に、発想自体が歪んでしまうからです。独立開業を考えているのに、退職を言い出せないのはその典型です。

しかも、この状態は実際の裁判と同じようにずるずると長引きます。罪悪感など誰も感じたくありません。だから心のどこかで感じつつも、それを認めないようにします。心は地層のように何重にも重なっています。その地層にどれだけ深く気づけるかで、その人の自由度が決まります。

では、どうすれば罪悪感を捨てて、自分の道を歩めるようになるのか。実はこの「法廷回路(コートサーキット)」のメカニズムを理解すれば、自然と罪悪感を断ち切れるようになります。人間は利がある方向に動くようにできています。罪悪感は自分の利のために、「誰かに犠牲を強いた」と感じた時に生まれます。しかしその罪悪感が相手の恨みを助長させることを知れば、それが自分のためにも相手のためにもならないと気づいて、今度はお互いの利のためにこれまで感じないようにしている罪悪感を認識するように努めるからです。

私たちは自分が知らない、あるいは知らないふりをしている物事「未知因子(アンノウンファクター)」にこそ影響を受けます。自分が影響を受けていることに気づかなければ、その状態を変えようとすら思わないからです。罪悪感は「未知因子」の中でも、もっとも気づきにくい心理の一つです。こうした心の仕組みを知り、変えていくのが本当の自己啓発です。

ですから罪悪感を捨てるといっても、「恥知らずになれ」とけしかけているわけではありません。「こうすればうまくいく」という合理性に囚われた上辺だけの自己啓発の段階では何も起きません。しかし、何も起きないうちはまだ序の口なのです。歯を食いしばって自分の運命を変えようとすればするほど、それは周囲に迷惑をかけるようになります。なぜなら、運命とは塗り固められた人間関係そのものだからです。運命を変えようとすれば、人間関係も変わります。その変化の余波が「迷惑」なのです。この起こらざるをえない罪悪感を超えられるかが、「運命転換(フェイトシフト)」の一つの分水嶺になります。

-コミュニケーション, 自己啓発

Copyright© 星をたどる|新しい自己啓発のススメ , 2018 All Rights Reserved.