星をたどる|新しい自己啓発のススメ

自分らしく生きるための自己啓発サイト

オンラインサロン マインドレコーディング実例

自分の夢や目標、憧れは形を変えて実現する

投稿日:2019年7月23日 更新日:

自分の夢が実現していたことに気づく

DeltaWorks / Pixabay

サロンメンバーのとおげです。あなたは、憧れた風景や夢見た景色がありますか。そして、その風景は実現していますか。僕はサロン「星を辿る」に入り、マインドレコーディングを続けるうちに、そんな風景が実現していることに気づきました。

教師になる前に、夢見て憧れた風景があります。大学時代、同じ教育学部の仲間と、夢を語り合ったときに話した風景です。それは、田舎の山奥の小さな学校で、とても少人数の子供たちと家族ぐるみで付き合い、生活をしながら教育をしていくと言う夢の風景です。

20代後半で、山奥の小規模校に赴任しました。そこは全校児童20名余り、平家の木造校舎で、廊下は外にあり、校庭は1周100メートルもありませんでした。校庭には猿が遊びにやってきて、学校の前の池には天然記念物のモリアオガエルが卵を産み、タヌキがU字孔を駆け回り、春には校庭の周りいっぱいに野いちごが実をつける、そんな学校だでした。夏の暑い日には学校の下にある清流に降りて、水遊びをし、秋の柿のなる頃には、学校まで遊びに来た猿を追いかけました。保護者とも家族同様に付き合う、そんな学校生活でした。

その学校を去るにあたり、「この景色はどこかで見たことがある」と気づきました。細部は違いますが、大学時代に、自分が理想としていた教師生活そのものであったと、気づいたのです。20代前半で憧れていた風景が、20代後半でたどり着いてしまっていたのです。

夜寝ていた時の夢も実現していた

egorshitikov / Pixabay

理想としていた夢ではなく、夜寝ているときに見ていた夢の景色も、実現していたことに気づきました。

それは、「海の見える田舎の街でのんびりと暮らしてみたい」という景色です。これははるか昔、小学生の頃、「海辺に1人たたずんで、夕焼けを見ている」という夢を見たことが原風景でした。その夢がとても印象的で忘れられず、それから何度も同じ夢を見たり、自分でその夢に妄想の付け足しをしたりしていました。そうして僕の空想の中には、「田舎の海辺で、海を見ながら、静かに暮らす」という景色ができあがりました。

大人になって、ずっと忘れていたその景色を、サロン星を辿るの、佐々木さんの定例生放送であった「原風景の話」に触発されて思い出し、実現していたことに気がつきました。

結婚した時、その新居として、たまたま僕らを引き合わせた友人が住む、海辺の小さな街の、友人の家の隣のアパートを借りました。海までは歩いて行ける距離で、ジョギングや散歩でよく港や砂浜の景色を見に行きました。不便ではあったけど、その海辺の町で過ごした8年間は、とても幸せな時間でした。

現在の家に引っ越して、佐々木さんの話を聞いて、あらためて、それは自分が昔夢に見た景色、憧れていた風景だったと気づかされたのです。

思い描いたことは形を変えて実現する

Larisa-K / Pixabay

憧れや夢は、風景、景色として視覚的に思い描くものだと僕は思います。漠然としたものではなく、具体的に思い描くのです。仲間と夢を語り合ったり、自分の妄想の中でふくらませたりして、形にするのです。

そうすると、いつの間にか、その風景は形を変えて実現しています。無意識が行動として自分に働きかけ、そこに導いてくれたのかもしれません。転勤や結婚等も引き寄せてくれていたのかもしれません。

でも、実現したときは気づきません。あとになって、「これは自分が夢見た景色、憧れていた風景だった」と気づくのです。

「お金持ちになりたい」「成功したい」という目標が実現しないのは、純粋な憧れや夢とは違うからかもしれません。このブログを読んでいるあなたに聞きたいです。あなたは昔、どんな憧れていた景色、夢見た風景がありますか。そしてそれは、形を変えて実現しているのではないでしょうか。

蛇足ですが、最後にもう一つ書いておきます。

実は昔、図工の授業で、木工作のセロテープ台を見本として作りました。木の枠をログハウスの模様を描き、その中にまんがとして自分とまだ見ぬ妻の姿を描きました。

その後、ログハウスが実現したことは、結婚できたことは、以前の記事に書いた通りです。そして、結婚後に、妻の似顔絵を描いた時、どこかで同じ絵を描いたことに気づきました。それが、未来の妻を描いた、木工作のセロテープ台だったのです。期せずして僕は、憧れた風景を描き、実現してしまったのです。

主宰者:佐々木のコメント

マインドレコーディングでは、「思い出すこと」を大切にしています。なぜなら、「こうすればうまくいく」という理屈だけでは、実際にはうまくいかないからです。仕事でも勉強でもダイエットでも、「なるほど、これならうまくいく」と思って実践した時に、「どうして自分がこんなことをしなければならないのか?」と気持ちが湧き上がってきてしまい、結局続けられなかった経験は誰にでもあると思います。

私たちが何かを実践するには、そしてそれが長続きするには、理屈だけでなく理由が必要です。そして、その理由は科学的なものではなく、個人的なものです。誰かに心を揺さぶられた体験が原風景になって、「だから自分はこれをやるんだ」という信念を持たなければ、どんなことも続けられません。

そして、原風景になるのは現実の出来事ばかりとは限りません。たとえば今回のように鮮明に覚えている夢の内容も、心を揺さぶられればそれは原風景になり、人はその原風景に基づいた未来を自ら作り出します。この過程は複雑かつ長期的なので、短絡的な思考では把握できません。だからこそ、私たちの夢のや憧れの実現は、「実は叶っていた」と後から気づくパターンが多くなります。

とおげさんの「海の見える田舎の街でのんびりと暮らす」という二つの風景が形を変えて実現したことは、その好例です。昨今は何かと理屈で物事を語りがちですが、人の心ははっとするような印象を受けた時に、それを理由にして理屈よりも深い部分から動いています。その心の動きを把握できるようになった時に、私たちは自分のことを信じることができるようになり、また自分らしく生きられるようになります。

人生を変えるマインドレコーディング

人はなぜ続けることができないのか? 続けるには「信念」が必要だ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
とおげ

とおげ

【子どもたちに生きている楽しさを存分に伝えよう!】 ひとよんで「スーツケースの貴公子」 教育サークル安房南風 教育サークル千葉弥生会 教育サークル狸ばやし元代表 よさこいソーラン学校作り研究会元事務局長 元TOSS体育中央事務局 五色百人一首協会県理事 モンブラン・キリマンジャロ登頂 特技は科学実験・科学工作・ログハウス作り。MBラボ0期生、MBコーディネート投げかけ優勝2回、通称「ラボの鏡」

-オンラインサロン, マインドレコーディング実例

Copyright© 星をたどる|新しい自己啓発のススメ , 2019 All Rights Reserved.