マインドレコーディング

ワンピースのルフィはなぜ、「海賊になる」という子供の頃の夢を叶えられたのか?

子供の頃の夢を叶えたルフィ

『ワンピース』のルフィは子供の頃から、「海賊になる」という夢を持っていました。しかし、その頃のルフィは周りの大人には相手にされず、海賊のシャンクスには「お前なんかが海賊になれるか」とからかわれ、酒場の女主人であるマキに「宝払いで払う」と言っても、「期待して待ってるわ」と軽くあしらわれていました。

しかしその10年後、ルフィは自分が作る海賊団の仲間を集めるために島を出ます。その先々で出会うのが、ゾロ、ナミ、ウソップ、サンジ、チョッパーをはじめとした麦わら海賊団のメンバーです。「海賊王になる」という夢はまだですが、「海賊になる」という子供の頃からの夢は叶えています。

ルフィはなぜ子供の頃の夢だった海賊になれたのか。やる気を引き出すのは常に人物の影響です。「あの時、あの人が、ああ言ったから」あるいは「あの時、あの人が、ああしたから」ということがあって、人は「だから自分はこうしよう」と考えて行動できるようになります。ルフィの「海賊になる」という行動に影響を与えたのは、シャンクスです。

ルフィはシャンクスに二度、命を救われています。一度目は山賊のヒグマに殺されそうになった時、二度目は「近海の主」という巨大魚に襲われた時です。しかも、近海の主からルフィを助けた時、シャンクスは片腕を失っています。

自分のために腕を失ったことについて、ルフィが泣きながら謝ると、シャンクスは「安いもんだ腕の一本くらい…無事でよかった」と慰めます。この時、ルフィは「シャンクスという男の偉大さ」を知り、「こんな男にいつかなりたいと心から思った」とあります。

シャンクスに影響を受けたルフィの心情は「お手本」です。海賊になりたかったルフィが、実際に海賊として生きているシャンクスに自分を重ねて、海賊になるために行動できるようになる。この時のルフィはまだ幼いので実際に旅立つのは10年後ですが、このように「人物の影響」は年単位で奥深く作用します。

「人物の影響」があるから行動できる

pixel2013 / Pixabay

幼い頃のルフィは「海賊になりたい」と言いつつ、自分の住んでいる島から出たことがなく、実際の海賊がどんなものなのか知りませんでした。このように何かになりたいと考えていても、その「何か」がどんなものかを知らず、漠然としたイメージを抱えているだけだと、そのために行動することができません。人間が何かになるには、「人間のお手本」が必要なのです。そしてルフィにとって、それはシャンクスでした。

ルフィがシャンクスから影響を受けた証拠があります。それはルフィがシャンクスと同じ「海賊団の船長」になっていることです。ルフィはもともと「海賊になりたいから自分も一緒に連れて行ってくれ」とシャンクスに頼んでいました。もしこの時、シャンクスが同行を許していたら、ルフィは海賊団の船長ではなく、ただの海賊団の船員になっていました。

しかし、シャンクスに助けられたルフィは、「もう連れてけなんて言わねぇよ!」と話しています。その理由は「自分で海賊になることにした」からです。なぜそう考えるようになったのか。それはシャンクスのようになるには、海賊団の船員でなはく、海賊団を作り、自分がその船長になる必要があるからです。

海賊に資格試験はありません。「自分は海賊だ」と思ったら、その日から海賊になれます。だから、「人物の影響」は関係ないと思うかもしれませんが、それは違います。ルフィの仲間になるウソップは「勇敢な海の戦士になる」と言い続けながら、ルフィと出会うまで自分の生まれ育った島に留まり続けていました。

人間は「こうしたい」という思いがあっても、人物の影響がなければ、「こうしよう」と思って行動できるようにはなりません。何か行動したいことがあるのなら、ただ理屈で 「こうすればうまくいく」と考えるだけでなく、「人物の影響」を受ける必要があります。

ワンピースはフィクションですが、心理的な部分は現実の人間と変わりません。でなければ、物語に共感することはできないからです。ルフィのように物理的に腕が伸びることはありませんが、心理的に誰かに自分を重ねて「やる気」を引き出すことは十分可能です。

もしあなたが自分の仕事ややりたいことに対して、「憧れの人」「尊敬している人」「自分を救ってくれた恩人」がいるのなら、ぜひその人物の発言や行動を思い出してみてください。その言動に自分を重ねれば、それが新しく何かを始めたり、今の行動を変えるきっかけになってくれるでしょう。

人生を変えるマインドレコーディング』(扶桑社)

人はなぜ続けることができないのか?
続けるには信念が必要だ!

第1章試し読み(PDFファイル)はこちら

 
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
佐々木誠

佐々木誠

作家。コンサルタント。「人物の影響」を特定して人生を変える「マインドレコーディング」を提唱。個人相談サービス『星を辿る』を運営し、心臓外科医、税理士、スポーツ振興の社団法人理事、小学校の教師など様々な業種にクライアントを持つ。日刊SPA!にて「魂が燃えるメモ」を連載。『人生を変えるマインドレコーディング』(扶桑社)発売中。

-マインドレコーディング

© 2020 星をたどる|新しい自己啓発のススメ