星をたどる|新しい自己啓発のススメ

自分らしく生きるための自己啓発サイト

マインドレコーディング 自己啓発

「人生を変えるマインドレコーディング」無料試し読み④

投稿日:

こんにちは、佐々木です。8月24日に出版される拙著、「人生を変えるマインドレコーディング(扶桑社)」の第1章をブログで公開いたします。「何をやっても上手くいかない」「何かを見落としている気がする」と感じているならば、あなたが見落としているものが、きっと本書で見つかると思います。ぜひご一読ください。

「人生」を変えるマインドレコーディング

信念を持つことができれば、行動が変わり、人生が変わります。その信念を誰でも持てるように考案したのがマインドレコーディングです。マインドレコーディングには、次の五つのステップがあります。

1「テーマ」を決める
2「ヒント」を集める
3「エピソード」を思いだす
4「フレーズ」を作る
5「アウトプット」を話す

各ステップについて説明する前に、まず私の実例を紹介します。本書を執筆するにあたって、私は「世のため人のためになる本を作ろう」と考えていました。

執筆を進めていたある日、編集者から「表現が難しいので、高校生にもわかるように書いてください」と言われました。このとき、私は「高校生にもわかる」というフレーズが気になりました。それは自分にはない発想だったからです。

とはいえ、そのフレーズだけでは、どうすれば高校生にもわかるように書けるのか、次のアイデアが浮かびませんでした。そこで私は普段からよく利用しているスターバックスやマクドナルドで、高校生を観察することにしました。

私が見かけた高校生はゲームや音楽といった自分の趣味に熱中していました。その姿を見ていたら、自分が高校生だったころによく聞いていた、中村一義の「いつも二人で」という歌のことを思いだしました。

家に帰ってその歌を聞いてみると、今度は自分が高校生だったころのことを思いだしました。高校生だった私は、小説や音楽に素直に感動していました。そのことを思いだしたとき、「素直に読んでもらえるのだから、素直に書けばいい」というフレーズが心に浮かんできました。

私はこの過程を自分の友人と、自分が主宰するコミュニティのメンバーに話しました。周囲から共感を得られた私はこれを信念にして、できるだけ素直に書くように心がけました。こうして完成したのが本書です。

この実例にはマインドレコーディングの五つのステップがすべて含まれています。具体的には次のとおりです。

■「テーマ」を決める
・世のため人のためになる本

■「ヒント」を集める
・編集者の「高校生でもわかるように書いてください」というアドバイス
・ゲームや音楽に熱中している高校生の姿
・中村一義の「いつも二人で」という歌

■「エピソード」を思いだす
・高校生のころは、小説や音楽に素直に感動していた

■「フレーズ」を作る
・素直に読んでもらえるのだから素直に書く

■「アウトプット」を話す
・自分の友人と、コミュニティのメンバーに話す

人が信念を持つときは、この五つのステップを踏んでいます。無意識に各ステップを踏むこともありますが、あらかじめ知っていれば、着実に信念を見つけることができます。順に解説します。

<<前へ はじめから読む 次へ>>

人生を変えるマインドレコーディング

人はなぜ続けることができないのか? 続けるには「信念」が必要だ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
佐々木誠

佐々木誠

コンサルタント。自己啓発とビジネスを結びつける階層性マーケティングや、自分らしさを取り戻すマインドレコーディングを提唱。様々な業種にクライアントを持ち、現在はコーチング業の傍らオンラインサロンを主宰。日刊SPA!にて「魂が燃えるメモ」を連載中。『人生を変えるマインドレコーディング』(扶桑社)発売予定。

-マインドレコーディング, 自己啓発

Copyright© 星をたどる|新しい自己啓発のススメ , 2019 All Rights Reserved.