星をたどる|新しい自己啓発のススメ

自分らしく生きるための自己啓発サイト

究極の自己啓発。自分の感性に名前をつける

投稿日:2018年3月19日 更新日:

その人の一番の根っこになるもの、その人だけが持って生まれたもの、それが感性です。好きな食べものに「美味しい」とうなり、好きな音楽に「すごい!」と鳥肌が立ち、好きな場所に離れがたい居心地の良さを感じる。

これらは「なんでそんなに好きなの?」と問われても、説明などできません。「なぜか」とか「つい」とか「ふと」とか、自分でも気づいたら勝手にそうなっているもの、それが感性です。

この感性は一人ひとり異なります。単純な好き嫌いだけではなく、「どうしてそんなことができるの?」とか「なんでそんなことがわかるの?」と驚かれた時こそ、その人の感性が発揮されています。そしてそこに、その人だけの役目があります。

気をつけなくてはならないのが、感性は自分にとって「当たり前」であることです。「なんでそんなことが?」と驚かれた時に、「え、なんでって、別に普通じゃない?」と驚き返してしまうくらい、自分が当たり前だと思っているもの。実はそれこそが、その人の生きる意味、そして誰かに提供できる価値の素(もと)になるのです。

私の場合、それは「言葉」に対してでした。人間が話すというのは、ただ事実や主張を語っているのではありません。たとえば誰かに対して「間違っているな」と感じても、それをどう伝えるか、そもそも伝えるかどうかは、状況によって異なります。

相手が自分の子供なら、「間違ってるよ」と気軽に言えるかもしれません。でも、相手が自分が勤めている会社の社長だったら、「間違ってるよ」とはなかなか言えないでしょう。言い方を柔らかくするか、あるいはそもそも言わないかもしれません。

言葉は相手、内容、状況によって変化します。また状況を無視して、暗記した内容をスピーチしても相手の心には響きません。自分と相手が持つ背景、その二つがブレンドされた空気から、言葉は生まれます。少なくとも私はそう感じ、そう理解しています。

この「言葉が生まれる空間」を意識すると、自分の本当の望みが明らかになり、自分にとって不利益な人間関係を改善できます。自分と他人は一枚のコインの裏表であり、自分が定まれば、他人も定まり、適切なバランスに調整されるからです。

これは「いい人」だったのが、いつの間にか「周囲にとって都合のいい人」になってしまい、自分をないがしろにしてしまっている方に、良い結果をもたらします。私はこれまでに「言語空間」という考えを使って、多くの人の悲しみを拭い、勇気を取り戻すお手伝いをしてきました。

「何かを言う」ということは、同時に「何かを言わない」ことを意味します。誰かに伝えた言葉の裏側には、伝えなかった言葉、伝えられなかった言葉がたくさん秘められています。その秘められた言葉を自覚すると、私たちは自分らしさや、自由、精神力といったものを取り戻せるのです。

これは私にとって馴染み深く、当たり前のものです。しかし、他の方にはとってそうではありませんでした。もちろん、最初は自分でもそのことに気づいていませんでした。

ただ自己啓発を追求する中で、「なんでそんなことがわかるの?」と言われることが次第に多くなり、それが「言葉が生まれる空間」について意識している時だったことに気づいたのです。

そこで、私は自分の感性を「言語空間」と呼ぶことにしました。社会における私の役割は、その時から始まっています。自分の感性に名前をつけると、それがその人の仕事になるのです。

私の「言語空間」はあくまで一例にすぎません。たとえば何冊もの自己啓発書を出している苫米地英人さんという作家がいます。彼の本には必ずと言っていいほど、「抽象度」という概念が出てきます。また実業家のホリエモンこと堀江貴文さんの「多動力」はベストセラーになりました。

お二人の書かれた書籍やメルマガを読むとよくわかりますが、苫米地さんはもともと抽象的に物事を捉え、堀江さんはとにかくたくさん行動しています。「そうするとメリットが生まれる」とかではなく、どちらも持って生まれた自分、感性を伝えているです。

この世に何か客観的なものとして、「抽象度」や「多動力」なるものがあるわけではありません。それは私の「言語空間」も同じです。自分の感性や思考、それを感じさせるエピソードが、誰かの幸せのきっかけになると思ったから、あえて名前をつけて共有できるようにしています。

そしてそのゴールは、他人の感性に寄りかかることでは決してありません。本当のゴールとは、あなたがあなた自身の感性に名前をつけて、その感性を誰かに提供できるようになることです。抽象度も多動力も言語空間も、あなたにとっては自転車の補助輪に過ぎず、自分という存在のハンドルをしっかりつかまえて、一人で漕ぎ出す日がいつかきます。

その時、自己啓発という長い旅が終わります。自分を突き詰めた先に、「これからは誰かのために生きよう」という転換点がやってくるからです。自分しか感じられないもの、自分にしかわからないもの、それで誰かに貢献するのは至上の喜びです。その時、私たちは「自分の個性や感性に基づき、社会の中で役割を担う」という幸せを手にします。

-自己啓発, 身体

Copyright© 星をたどる|新しい自己啓発のススメ , 2018 All Rights Reserved.