自己啓発から見る名前の大切さ

名前

自分の名前を思い出してみて下さい。あなたはそれに誇りを持っているでしょうか。これはとても大切なことです。

なぜなら、私たち一人一人が持つ名前には、その人の生まれてきた意味や与えられた役割が埋め込まれているからです。

たとえば私の下の名前は「誠(まこと)」です。ご覧の通り、「言」と「成」で出来ています。私はここに「物事を言葉で成り立たせる」という意味を見出しました。そして実際に執筆やトークなど言葉を生業にしています。

もちろん最初からそう考えていた訳ではありません。ただ自分の感性と社会での役割を探求していたら、自然とそういう機会が増えていきました。

そんなある時、「誠」という自分の名前にふと気づき、「やっぱりそういうことになるんだなあ」としみじみ感じました。このように名前には人を納得させる不思議な力があります。

逆に自分の名字や名前を嫌っていたりすると、感性が鈍り、役割も担えなくなりがちです。全体的にどこか気後れのようなものが出てしまいます。

以前、「小林」という名字の方の相談に乗ったことがあります。彼はこの「小」という漢字を嫌っていました。大したことがない、というイメージを抱いていたからです。

しかし、それは偏見です。たとえば科学は原子や量子などよりミクロな領域に進むことで、テクノロジーを進歩させてきました。

また古代ギリシャでは人間は小宇宙(ミクロコスモス)とされ、大宇宙(マクロコスモス)と照応関係にあるとされてきました。

小さいことが悪いことだとは限りません。むしろ私たちはそれを通して、世界や宇宙に繋がっていくのです。複雑時計のような職人の手仕事は時に宇宙を感じさせます。

こうした説明を彼にしたら、涙を流して喜んでいただけました。これまでずっと気にされていたのだと思います。

人間の心は不思議です。客観的に見れば何でもないと思えることにつまずいたり、勇気づけられたりします。そして、この主観を扱うのが自己啓発です。逆に言うと自己啓発において、客観はあまり重要ではありません。

自分の名前の持つ意味を肯定的に捉えると、とても生きやすくなります。これまでの自分を認められるようになり、これからの人生に対して「こうしよう」という方策も立てやすくなるからです。

あなたの名前は何ですか。自分の名字と名前の持つ意味について考えてみて下さい。漢字の語源や部首の意味が自分の人生と結びついた時、「ああ、だからそうなんだ」という納得とパワーをもたらしてくれます。

【人生を変えるきっかけに……オンラインサロン「星をたどる」】

「星をたどる」では自分らしく生きるためのコミュニティをご用意しています。

・メンバー限定交流SNS
・週1回のYouTubeライブ配信
・月2回のオフライン交流会

自己啓発には理解だけでなく、体験が重要です。誰かの体験に触れることで、「そういえば自分にも似たようなことがあった」と閃きが生まれ、その閃きが人生が変わるきっかけになります。私たちが必要としているのは、お互いがお互いのヒントになるような「溜まり場」です。

手取り足取り教えることはありませんが、その分だけ自由に自分のペースで学べます。そもそも自己啓発には時間がかかるものです。インスタントな解決を謳う手法はすべてまやかしだと、あなたは既にご存じだと思います。急がずゆっくり、しかし着実に進みたい人にオススメです。もちろん効果は折り紙付き。お陰様で「自分の考え方について見直す良いきっかけになり、全てが新鮮に感じました」「動画を見た次の日の朝、涙を流しながら目覚めました」といったお喜びの声を頂いております。

会費は月額制でやめたい時にいつでもやめられます。まずは一度、ご参加ください。もちろん、実際は「ここにしかない内容ばかりなのでやめられない、やめようと思わない」とメンバーに言っていただける価値をご提供しています。特にこのブログに書かれた内容に「そんなやり方、考え方があるのか」と興味をお持ちならば、きっとご満足いただけるでしょう。

詳細は下記販売ページをご覧下さい。コミュ二ティは参加者が増えれば増えるほど、シェアできる話題が増えて、イベントなどできることも増えていきます。一緒にお互いの人生を豊かにしていきませんか。あなたのご参加をお待ちしています。

オンラインサロン「星をたどる」

名前