売れるネットショップには仕組みがある

ビジネス

ストアーズやベイスといった決済アプリが普及して、誰でもネットショップが持てる時代になりました。ひと昔前とは比べ物にならない便利さです。個人規模でビジネスしようとすると、つまずくのが決済でした。もちろん銀行振込という昔ながらの手段もありますが、やはりクレジットカードを使えるどうかで売上は変わってきます。

今やアメリカでは三人に一人がフリーランスで、2020年には労働者の50%を占めるようなると予測されています。日本はまだそこまでではありませんが、政府も働き方改革の一環としてフリーランスを推進する方針を発表し、最近は「副業」の二文字を見かけることが多くなりました。ネットショップの普及は世界全体、日本全体の流れとリンクしています。

とはいえ簡単にネットショップを始められるからといって、簡単に稼げるかというとそんなことはありません。ネットでビジネスを始める時にありがちな勘違いがあります。すぐに人が集まって売れると思ってしまうのです。これまでにも何度も同じことが繰り返されてきました。

メルマガを始めようとしたら、「まぐまぐ」などのメルマガスタンドに登録します。ベイスやストアーズなどのアプリが普及する以前はネットショップなら、「楽天市場」や「ヤフーショッピング」に登録するのが大半でした。しかし、こうしたスタンドやモール自体に集客効果はありません。集客は自分で行わなければならないのです。

販売の前に、広告を打ってまず集客を行う。これは実店舗なら当たり前の話です。暖簾を出さず紹介だけでやっていけるほどの実力店なら別として、普通は待ちではなく攻めの姿勢がなければ人は集まりません。実店舗と違って「地元」や「たまたま通りがかる」ことのないネットショップではなおさらです。

この攻めの姿勢に当たるのが情報発信です。YouTuberのヒカキンさんはつい最近まで毎日動画をアップしていました。YouTubeに限らずブログ、ツイッター、フェイスブック、どんな媒体でも更新頻度は商売に大きく影響します。しかし、そうはわかっていても「ネタが思いつかないないからなかなか続けられない」というのが大半でしょう。

しかし、それは才能やセンスの問題ではなく、単にやり方や仕組みを知っているかどうかです。「星をたどる」ではネットショップ運営を集客、販売、コミュニティの3段階に分けた「階層性マーケティング」を提唱しています。私はこの仕組みに従って、ブログを更新し続けています。それは偶然できたのではなく、きちんとした理由があります。

日本はいま閉塞状態にあります。不景気を嘆く声があちこちから聞こえてきます。しかし、そんな状況でも稼いでいる人はしっかり稼いでいます。しかも、そこには誰でも手が届きうるのです。テクノロジーが進歩し、私たちはスマホ一つパソコン一つで何でも始められるようになっています。

以前あるプロカメラマンとお会いした際に、「以前ならプロにしかできなった特殊効果が、スマホのカメラとアプリのフィルターでできてしまう。自分たちの仕事が必要ない」と仰っていました。五年前と比べても、選択肢は比較にならないほど広がっています。

誰でも何でもできる時代だからこそ、ただ同じことを繰り返す、金太郎飴的な仕事の仕方では今後ますます苦しくなります。いま求められているのは、その人にしか発信できないメッセージ性です。価値観が多様化し、私たちはどんな風に生きていけばいいのかわからなくなっています。私たちは単なる商品やサービスではなく、その背景にある「より良い生活、より良い暮らしの提案」を求めているのです。

労働人口の急減によって、今は空前の売り手市場と言われています。街を歩けば、あちこちで求人のポスターが貼られています。アルバイトやサラリーマンという選択肢があるにもかかわらず、「ネットショップをやろう」と考えるのは、「単なる労働ではなく、仕事を生きがいにしたい」と考えているからではないでしょうか。

正直に言って、「星をたどる」の階層性マーケティングはインスタントではありません。難しくはありませんが、今日の明日でできるようにはなりません。しかし、「すぐに儲かる」「簡単に稼げる」といったうまい話がただの詐欺でしかないことに既にお気づきなのではないでしょうか。どんな成功者のインタビューやドキュメンタリーを見ても、「私はこれだけで簡単に稼げました」なんて話はありません。それは広告や宣伝の中にしかない幻想なのです。

ビジネスを軌道に乗せるのは大変です。ビジネスだけでなく、自己啓発が必要になる場合もあります。どんなコンテンツもその人の生活から生まれます。生活が整っていなければ、良い情報も良い出会いもありません。すると、ますますその道は長くなります。でも、それは決して不可能ではありません。その第一歩が「売れるネットショップには仕組みがある」という認識です。デタラメや当てずっぽう、いい加減ではいけません。

ぜひ「星をたどる」の手法、階層性マーケティングを参考にして、ご自身の道を歩んでみてください。情報発信の頻度や内容そのものが変わり、それにたくさんのお客さんが惹きつけられて集まり、商品やサービスが売れるようになるでしょう。

【人生を変えるきっかけに……オンラインサロン「星をたどる」】

「星をたどる」では自分らしく生きるためのコミュニティをご用意しています。

・メンバー限定交流SNS
・週1回のYouTubeライブ配信
・月2回のオフライン交流会

自己啓発には理解だけでなく、体験が重要です。誰かの体験に触れることで、「そういえば自分にも似たようなことがあった」と閃きが生まれ、その閃きが人生が変わるきっかけになります。私たちが必要としているのは、お互いがお互いのヒントになるような「溜まり場」です。

手取り足取り教えることはありませんが、その分だけ自由に自分のペースで学べます。そもそも自己啓発には時間がかかるものです。インスタントな解決を謳う手法はすべてまやかしだと、あなたは既にご存じだと思います。急がずゆっくり、しかし着実に進みたい人にオススメです。もちろん効果は折り紙付き。お陰様で「自分の考え方について見直す良いきっかけになり、全てが新鮮に感じました」「動画を見た次の日の朝、涙を流しながら目覚めました」といったお喜びの声を頂いております。

会費は月額制でやめたい時にいつでもやめられます。まずは一度、ご参加ください。もちろん、実際は「ここにしかない内容ばかりなのでやめられない、やめようと思わない」とメンバーに言っていただける価値をご提供しています。特にこのブログに書かれた内容に「そんなやり方、考え方があるのか」と興味をお持ちならば、きっとご満足いただけるでしょう。

詳細は下記販売ページをご覧下さい。コミュ二ティは参加者が増えれば増えるほど、シェアできる話題が増えて、イベントなどできることも増えていきます。一緒にお互いの人生を豊かにしていきませんか。あなたのご参加をお待ちしています。

オンラインサロン「星をたどる」

ビジネス