星をたどる|新しい自己啓発のススメ

自分らしく生きるための自己啓発サイト

サロン「星を辿る」オフ会を開きました。人は出会いで変わる。

投稿日:2018年8月27日 更新日:

オンラインサロン「星を辿る」では、定期的にオフ会を開いています。今週は恵比寿で行いました。お集まり頂いたのは私も含めて6名。たまたま冷房が故障していて熱気渦巻く店内で、それに負けないくらい白熱した時間になりました。

今回は「家族」と「仕事」に関する話題が多く上りました。どちらも人間関係が大きく関わる話題です。家族は当然として、仕事でもやはり人間関係はついて回ります。「マーケティング」や「ビジネスモデル」といった横文字の「ビジネス」だけで仕事ができているわけではありません。

「星を辿る」では、この人間関係を運命そのものと捉えています。私たちは生まれや育ち、そして仕事における人間関係によって人生をほぼ塗り固められているからです。それは単に行動を強制されているというだけでなく、「何をどう考えるか」という思考、そして「何をどう感じるか」という感情を含めた自分の精神が、無自覚のうちに影響を受けています。

ですから自己啓発を望む人間、すなわち「自分らしく生きたい」と望む人間は、必然的に自分を取り囲む人間関係という名の運命に向き合わなくてはならないタイミングが必ずやってきます。「こうすれば上手くいく」という合理的な思考だけでは、いずれ行き詰まってしまうのです。

今回のオフ会はそうした人間関係が生み出す心理的なメカニズムについて、いろいろな具体例を交えて話すことができました。自分が変わろうとすれば、周囲に迷惑がかかること。その時に生まれる罪悪感とどう向き合い方。このレベルまで話が及ぶと、人のプライバシーにも踏み込むディープな内容になり、ブログやSNSにはなかなか書けません。オフ会ならではの濃いやりとりだったと思います。

帰り際、メンバーの一人に「自分にとって大切なものが何か、確認できました」と仰っていただけました。「自分にとって大切なことは実は当たり前のことで、でも当たり前だから見失いやすい」と彼は続けました。私たちは空気がなければ三分も生きられませんが、普段は空気のことなど考えもしません。それと一緒です。同じテーマを共有しながら、他の人の体験談を聞くと、忘れてしまっている大切な当たり前を思い出すことができます。「星を辿る」がオフ会を開く意味はここにあります。

彼は「星を辿る」に入ってから、自分が「家族を大切にしたい」と思いつつ、実際はその想いが行動にほとんど反映されていないことに気づいたそうです。この気づきによって、今までよりも幸せになれたと話してくれました。自己啓発を教える身として仕事冥利に尽きるお言葉で、私自身も救われました。人は人と出会って変わります。これからもっとこうしたポジティブな化学反応を起こしていきたいと思います。

次回は来月上旬、京都で行う予定です。どんな話が生まれるのか今から楽しみです。

-オフ会, オンラインサロン

Copyright© 星をたどる|新しい自己啓発のススメ , 2018 All Rights Reserved.