個性は「名前」から生まれる

名前

テクノロジーが進歩し、時代が進むにつれて、私たちはどんどん「個性」を求められるようになっています。ひと昔前は全員が同じ仕事する中で、どれだけ短時間で、どれだけ大量にこなせるか、つまり機械的な効率性が重視されていました。

しかし現代では物事を組み合わせて新しいアイディアを作り出す、人間的な創造力が重視されています。特にSNSの普及以降、情報の拡散スピードは飛躍的に高まりました。良いアイディアはあっという間に広まって、クラウドファンディングなどでお金が集まり、商品化されていきます。

この創造力の源になっているのが「個性」です。「その発想はなかった!」と誰もが膝を打つようなアイディアなのですから、人と同じ「没個性」では評価されません。そういった側面が、ネットだけでなく実際の仕事にも増えてきています。

そんな風に時代が変化しているにもかかわらず、私たちはなかなか個性を発揮できずに四苦八苦しています。社会で生きる力を養う学校が、個性を学べるカリキュラムになっていないからです。みんなで同じテストを受けて、いかに正確に、いかに素早く答えていくかという機械的な知性しか学んでいないのに、社会に出ていきなり「創造力を発揮して働け」と言われても無理があります。

これから学校のあり方も変わっていくはずですが、いかんせん時代が変わるスピードに追いついていません。一人一人が努力しなければならない現状があるからこそ、創造力や個性に関わる「自己啓発」が流行しています。

「星をたどる」では、この個性の根拠を「名前」に求めています。名前はこの世で唯一、自分と他者を識別するIDです。もちろん同姓同名の人間も日本のどこかにいるかもしれませんが、実際に生活していて出くわすことはほぼありません。

自分の名前に、自分だけの意味を見出すと、自分だけの働き、すなわち個性を発揮できるようになります。たとえば男性の名前に使われる漢字に「斗(と)」があります。

「斗」には水を掬い上げる柄杓(ひしゃく)の意味があります。夜空に輝く北斗七星も、七つの星を結んだ形が柄杓に見えるのが、その名前の由来です。ですから、この漢字を名前に持つ方は、「自分は何かを掬い上げ、それを周りに振り撒くことができる人間なんだ」と考えると、それが日常からアイディアを見つけるヒントになります。

「それって自分だけの思い込みなんじゃ」と思うかもしれません。しかし個性を求めるならば、その自分だけの主観を大切にしなくてはいけません。なぜなら、人と同じように物事を見る客観はすなわち「没個性」だからです。

私たちはこれまで科学的だったり、再現性だったり、客観的であることが大切だと教わってきました。数学のテストのように「X=3」と、みんなで同じ答えを出さなきゃ駄目なんだと思い込んできました。しかし実際に求められているのは、その真逆です。

自分の名前の意味を考えるのは、それ自体が創造力を養うトレーニングになります。たとえば名前に「馬」を持つとしたら、そこにどんなイメージを膨らませられるでしょうか。

馬車を引く馬、騎士が乗る馬、競走馬であるサラブレッド、三国志の呂布と関羽が愛した赤兎馬、幻獣であるユニコーンやペガサスなども考えられます。もし競馬に詳しいなら、トウカイテイオーやディープインパクトなどもっと具体的なイメージが浮かぶかもしれません。そして、この内のどれか一つが正解ということはありません。自分の感性に従って、「私はこういう風に生きる」と自由に決めていいのです。

すると同じ名前を持っていたとしても、その解釈に無限の広がりが生まれます。「自分は一日千里を走る赤兎馬のように生きるんだ」と考えて生きる人と、「自分は空を駆ける天馬のように生きるんだ」と考えて生きる人では、目に映る風景がまったく変わってきます。それが自分だけのオリジナリティ、創造力、アイディアになるのです。

私は「星をたどる」のメンバーには必ず、自分の名前に自分だけの意味を考えてもらうようにしています。自分でしっくりくる意味を見出せた人は、生き方に誇りが出てきます。「自分はこういう意味を持って生まれたんだから、こう生きるんだ」と志が立ちます。それこそが私たちが他の何よりも求めている、自信そのものではないでしょうか。

「自分が赤兎馬だって? 何を馬鹿なこと」を考えたならば、その発想がすでに客観的であることにどうか気づいてください。本当は赤兎馬ではないことは、重々に承知しています。ただ、そう想像することで生まれる、自分だけの生き方やアイディアに価値があるのです。今の時代に必要なのは、それくらいぶっ飛んだ、「その発想はなかった!」と思わせる独創性ではないでしょうか。

自分の名前について、感性の赴くままに想像を巡らせる。これは一円もかからない自己啓発です。そして、そこに自分で納得できる意味が見出せたならば、そこから無尽蔵のアイディアが、自分だけの人生が現れてきます。ぜひ実践してみてください。

 

【SHOP星をたどる】

「星をたどる」ではブログで公開している内容以上の商品、サービスをご提供しています。

・多くの方の人生を変えてきた対面相談
・メール相談とフェイスブックグループによるオンラインサロン
・参加費2万円、小規模トークセッションを収録した限定動画
・総時間40時間超、あらゆる自己啓発について解説した動画アーカイブ

対面相談はもちろんですが、メール相談や動画でも「次の日の朝、涙を流しながら目覚めた」など、驚くような反響をいただいています。詳細は下記販売サイトをご覧下さい。

SHOP星をたどる

名前