ブランドとは誇りを持つこと

2017年8月26日「本当の自分」の作り方

ブランドとは誇りを持つこと

ブランドとは自分たちの商品に誇りを持つこと。

自分たちの商品に誇りがあれば、
見せ方にも売り方にもこだわりが生まれる。

シャネルやエルメスでは、
一つ一つのバッグが美術品のように並べられている。

だからこそ、その価値が認められ、
彼らが望む理想の顧客が集まってくる。

私たちは普段、自分自身をどんな風に扱っているだろうか。

ワゴンセールのように投げ売りしてはいけない。

自分の価値を理解し、大切に扱うことで、
はじめて周囲も一目を置くようになる。

理想の人生はそうして始まる。

 

本当の自分を取り戻す「癒しのコーチング」

 

『星をたどる』では対面セッションやメール相談サービス、100円動画販売を行っています。

  • 「向こうも普通に接してきてくれるようになったので、私も普通に接することができ、関係がまた少し良くなったと感じました」
  • 「絶対しないと決めていた結婚を、いい人が現れたらぜひともしたいな、と考えるようになりました」
  • 「今まで人のことを心から許せなかったのですが、この体験を通すことで許しの気付きを得られました」
  • 「相手を想って行動すると自分の気持ちが相手に伝わるのは単純に好きな人だけでなく、考え方が違う人にも伝わるんだという体験をしました」
  • 「自分がなりたかったのは『やさしいお母さん』だったと気づきました」
  • 「人間関係は改善できると自分の自信になりました」

などすでにたくさんの方に実感いただいています。

変化や成長、そして幸せは「本当の自分」「ありのままの自分」を取り戻すことで始まります。あなたのご参加をお待ちしています。

ショップページはこちら