自己啓発のコツ。実現するビジョンとは?

ビジョン

ビジネスや自己啓発の世界ではビジョンが重視されています。大学生や社会人になれば、「あなたのビジョンはなんですか?」という問いかけを一度はされたことがあると思います。

ビジョンにおいて一般的に求められているのは「明確さ」です。細かいところまで詰めてあるとか、先のことまでよく見通してあるとか、そういったものが礼賛されています。しかし、そうしたロジカルなビジョンだからといって、必ずしも実現するとは限りません。

「明確なビジョン」と「不明確なビジョン」ならば、もちろん明確な方が良いに決まっています。しかし、そのビジョンが実現するかどうかに、明確かどうかはあまり関係ありません。理屈はしっかりしているけれど、実現しないビジョンは「机上の空論」に過ぎません。

では、どんなビジョンならば実現するのでしょうか。それは「心にスッと浮かんだビジョン」です。理屈でもなく打算でもなく、単純に「ああ、それいいな」と心で思ったことは、まさに「するする」という表現がピッタリなくらいスムースに実現していきます。少し前にそんなエピソードが実際に起きました。

先日、私の友人が車内用の空気清浄器を買いました。その効果を試してみようという話になって、私のクルマで一緒にドライブに出かけました。空気清浄器の効果は上々で、道すがら彼は「今日はこれを枕元に置いて寝てみようかな」と言いました。

その言葉を聞いた瞬間、私は「ああ、それいいな」と思いました。その時、脳裏には「自分がその空気清浄器を枕元に置いて眠る光景」が自然と浮かんでいました。

それからどうなったかというと、彼はクルマを降りる時に、その空気清浄器を忘れていきました。私もそれに気づかず、家に着く頃になって彼から電話がかかってきました。結局、それから彼と次に会うまでの一週間ほど、私が自分の家で使わせてもらえました。

正直なところ、これはあまり良いビジョンとは言えません。本来の持ち主である彼から、取り上げてしまっているからです。自己啓発を進めていくと、このように「うっかり叶ってしまう」ことが色々と出てきます。だからこそ自分を正して生活しないといけないのですが、今回は「自己啓発にはそれくらいの力がある」というお話として、あえて紹介しました。

綺麗なビジョンの話もしておくと、私はファッションブロガーのMBさんとよくビジネストークの仕事をしています。これもやはりビジョンが実現した結果です。彼とはもう何年も前からカフェで話している時に、「自分たちの話はお金になるんじゃないか」と話していました。

あの頃の私たちの気分は「冗談半分、本気半分」といった感じでした。もしこれが単なる口先だけだったり、「冗談半分」ではなく「疑い半分」だったら、おそらく実現しなかったでしょう。ここまでくると微妙なニュアンスの違いになってきますが、自己啓発の世界、心の世界はこの繊細微妙な感覚の世界にアプローチする技術です。

だからこそ「年収1億円」とか「起業してマザーズに上場」といったビジョンは得てして実現しません。なぜなら、そのような「どこかで聞いたことのあるようなビジョン」は誰かの受け売りだったり、勢い任せで掲げただけで自分でも実現すると信じていなかったりするからです。

逆にそういった突飛なビジョンであっても、「自分はそうなるんだな」と当たり前に受け止められるならば、そのビジョンは実現していきます。ですが、おそらくほとんどの方は「疑い」の方が多く混入してしまうでしょう。

ビジョンは頭で構築するものではなく、心で織り成すものです。自分が好きなこと、やりたいと、夢中になっていると、いま気になっていることを追求すれば、ある瞬間に「ああ、自分はこれからこうなるんだな」と光景が心から浮かんできます。その時は、私たちは「どうすれば?」と考えることなく、実現するビジョンを手にしているのです。

 

【SHOP星をたどる】

「星をたどる」ではブログで公開している内容以上の商品、サービスをご提供しています。

・これまでに多くの方の人生を変えてきた対面相談
・メール相談とフェイスブックを組み合わせたオンラインサロン
・参加費2万円、少人数向けトークセッションを丸ごと収録した限定動画
・総時間40時間超、あらゆる自己啓発について解説した動画アーカイブ

対面相談はもちろんですが、メール相談や動画でも「次の日の朝、涙を流しながら目覚めた」など、驚くような反響をいただいています。詳細は下記販売サイトをご覧下さい。

SHOP星をたどる

ビジョン