星をたどる|新しい自己啓発のススメ

自分らしく生きるための自己啓発サイト

オンラインサロン 体験談

上司のパワハラで休職……立ち直ったきっかけは「自己責任」

投稿日:2019年5月11日 更新日:

誰もが頭を抱える人間関係の悩み

こんにちは、サロンメンバーのたむです。

人は生きていく中で、悩みというものは尽きません。「今日は何を食べよう」「どこに出かけようかな」という日々の小さな悩みから、健康やお金のことなど時には答えが出ないことについて私たちは悩みます。

その中でも特に頭を抱えるのは人間関係ではないでしょうか。社会という仕組みの中で私たちは生活しており、他人と共存することが前提の社会の中では、自分一人で生きていくことは不可能です。だからこそ、私たちは他人との人間関係に悩みます。

私も社会人になった時、職場の上司との人間関係に悩んでいた時がありました。

上司のパワハラで休職

StockSnap / Pixabay

社会人になりたての頃、私は上司からパワハラを受けていました。

膨大な仕事を預けられ、片付けられなければキレられ、何時間も怒鳴られた挙句に人格まで否定され続けました。

怒られないようにするため、上司の顔色を伺いながら毎日ビクビクして怯えており、誰にも助けを求められず、職場に自分の居場所はありませんでした。

そうすると更に仕事ができなくなる悪循環に陥り、上司だけでなく周りの人からの信頼も失い、自分に対しての自信も失いました。肉体的にも精神的にもボロボロになり、結果、数ヶ月休職することになりました。

ビジネスから学んだ自己責任

Free-Photos / Pixabay

この経験を通じて、「こんな辛い思いは2度としたくない」「好きな人としか仕事をしたくない」という思いで、私は会社に依存しないで自分の力だけで生きていくために、ある人からビジネスを学び始めました。

結局、そのビジネスは上手くいきませんでしたが、大切なことをたくさん学ばせていただきました。その学んだ中に、人間関係がうまくいくためのヒントがありました。

ビジネスを始める前によく「全ては自己責任だ」としつこく言われました。それは何事も上手くいかないのは他人や物事のせいではなく、自分自身に問題があるということ。何度も何度も繰り返しこの言葉を聞き、徐々に腑に落ちていった時、これはビジネスだけでなく仕事についても言えることだなと感じるようになりました。

なぜ職場の上司と人間関係がうまくいっていなかったのか。

冷静に考えると自分自身に問題があったのだと気づきました。

上司が悪いのに、なぜ自分がこんな辛い目に合わないといけないのかと自分の不幸を嘆き、そういった態度をとる。愚痴や陰口、不満を言う自分がいました。

悪いのは他人ではない。そういう態度をとっている自分に非があるのではないか。謝ることができない自分のプライドの高さや、自分の利益を優先することが問題の原因ではないかと考えるようになりました。

自分が変わると、世界が変わる

bertvthul / Pixabay

「私はなんて傲慢だったのだろう」と自分の恥ずかしさ、未熟さを知り受け入れた時、私を取り巻いている世界が変わりました。

職場に復帰してからは、今までの自分の態度や行動を見直し、自分の何が悪かったのかを徹底的に考え、相手の立場になって物事を考えるようになりました。

たったそれだけで、驚くことにその上司と良好な関係を築くことができ、気難しいと言われている人とも何の問題もなく仕事ができている自分がいました。やはり自分の態度や行動に問題があったのだなと感じるとともに、改めて恥ずかしさと未熟さを痛感しました。

思考が変われば態度が変わる。態度が変われば言葉が変わる。言葉が変われば行動が変わる。行動が変われば周りの世界が変わります。

人間関係は鏡です。

もし、これから人間関係に悩むことがあるようなら、まずは自分に非がないか確認することを意識していこうと思います。

主催者:佐々木のコメント

人間が悩むテーマは「健康」と「お金」と「人間関係」の三つです。なかでも一番重要なのは人間関係です。人間関係がうまくいかないと、たむさんのように心身の健康を損ない、またお金も入ってきません。そんな重要な人間関係に対して、私たちは間違ったアプローチをしがちです。

誰かと対立すると、つい自分の正しさを主張し、相手を変えようとしてしまいます。しかし、この試みは決してうまくいきません。仮にうまくいったように見えても、表面的にそう見えるだけで、相手にストレスが蓄積し、いつか自分がその報いを受けることになります。目に見えない心理は、目に見える物理と同じくらい厳密なメカニズムで運行しています。

自分が我慢したら健康を損ない、相手を変えようとしても上手くいかない。では、一体どうすればいいのか。たむさんの投稿にもある「自分が変わると、相手が変わる」がその答えです。人間関係のコツは、起きた問題を「解決」するではなく、そもそも起きないようにする「解消」です。

無闇に相手に勝とうとしない。無闇に相手の間違いを指摘しない。すると、そもそも問題が起きなくなります。私の場合、その相手は母親でした。私は母親と事あるごとに対立していたのですが、自分が母親に勝とうとしているのに気づいてから、それが嘘のようになくなりました。

この魔法のような仕組みを知ると、生きるのがとてもラクになります。人間関係のコツは勝利ではなく、引き分けです。

人生を変えるマインドレコーディング

人はなぜ続けることができないのか? 続けるには「信念」が必要だ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
たむ

たむ

20代1児の父。趣味は家事、筋トレ、野球。家族大好き人間で、日々家族の幸せについて考えています。

-オンラインサロン, 体験談

Copyright© 星をたどる|新しい自己啓発のススメ , 2019 All Rights Reserved.