星をたどる|新しい自己啓発のススメ

自分らしく生きるための自己啓発サイト

散らかるのは物が多すぎるから。部屋を片付けるコツ。

投稿日:2018年3月23日 更新日:

部屋の状態は、その人の心の状態を表しています。部屋が散らかっている時は、心も雑然とした状態になり、逆に部屋が片付いていれば、心も落ち着いています。

考えがまとまらない時、物事が滞っている時に、部屋を片付けると不思議と捗り始めます。人生を大きく変えたいなら、引っ越してしまうのが一番手っ取り早い方法です。

とはいえ、そんなにしょっちゅう引っ越しを繰り返してもいられません。だからこそ次善の策として、「大々的な部屋片付け」が自己啓発の手段になりえます。ところが、その部屋片付け自体が進まないことも珍しくありません。

部屋片付けがうまくいかない原因は「捨てられないから」です。片づけた方がいいと思って始めたはずなのに、いざ片付けようとすると、「いつか使うかもしれない」「まだ使える」と考えて、捨てられなくなってしまいます。

そんな時は、「物」ではなく「部屋」から考えるようにしましょう。

一口に「部屋」と言っても、そこには様々な意味づけがされています。リビングなら家族と過ごすために、寝室なら寝るために、書斎なら仕事をするため、クローゼットなら洋服をしまうためにあります。

そうした部屋の意味を無視して、そこに物を置くと、部屋が散らかり始めます。クローゼットは洋服をしまう場所ですが、そこに紙袋などをしまってしまうと、入るはずだった洋服が部屋に溢れてしまいます。

そもそも床は物を置く場所ではありません。床は家具を置くため、もしくは人間が移動するためにあります。それなのに物を置くから、散らかり始めます。物は物置か棚にしまわねばなりません。

自己啓発には、「社会における自分の役割を見つける」という側面があります。運動が好きならジムで働ければよいし、教えるのが好きなら教師になるとよいでしょう。人間にはその人にふさわしい役割と居場所があります。

部屋片付けもまったく同じです。物にも役割と、その役割に相応しい場所があります。本は本棚に、衣服はクローゼットに、食器は食器棚にしまえば、自然と部屋は片付きます。

部屋を片付ける場合、一旦その部屋からすべての物を外に出すようにしましょう。廊下などに出してから、その部屋の役割に相応しいものだけを選んで、いれなおしてください。

部屋の中で一つ一つ手にとり、「これはいるか、いらないか」と考えるから部屋片付けは滞ります。人間には溜め込み癖があるので、十中八九「必要」とジャッジしてしまいます。それでは片付けにはなりません。

部屋の役割に従って置いて行った場合、どこにも行き場がなく残った物は、たとえまだ使えたとしても、あなたにとっては不用品です。捨てるのがもったいないと感じるならば、リサイクルショップなどに買い取ってもらいましょう。

ちなみにワンルームの場合は、一つの部屋で居間と寝室と書斎を兼ねなくてはなりません。当然、それぞれの収納量を三分の一に圧縮しなければならず、そもそも「ワンルームにはそんなに物を置けない」と考えた方が良いでしょう。

私たちはあまりにも物を持ちすぎています。部屋がいくつもあるような豪邸に住んでいるならば、それでいいのかもしれません。しかし、そうでないならば、私たちが所有できる量は想像以上に限られているのです。

-環境, 自己啓発

Copyright© 星をたどる|新しい自己啓発のススメ , 2018 All Rights Reserved.