星をたどる|新しい自己啓発のススメ

自分らしく生きるための自己啓発サイト

ヒューマンアクセルとヒューマンブレーキ 自己啓発

過去の後悔と向き合い、悲しみから立ち直る方法

投稿日:

人の死がもたらす影響

Free-Photos / Pixabay

私のコンサルを受けているクライアントが、障害者作業所で支援スタッフとして働く女性から相談を受けた。その女性は経験豊富で周りからの信頼も厚い人物だった。

ただ彼女には一つだけ難点があった。家庭にトラブルを抱えた障害者に関わると、人が変わったようにこだわってしまうのだ。通常、支援スタッフは一、二年で担当が変わっていく。しかし、彼女はある特定の障害者に対してだけ、四年以上も担当を続けていた。

私のクライアントはその経緯を知って、「何か抱えているのではないか?」と考え、彼女から話を聞いた。彼女はもともと幼稚園の先生だった。しかし、ある日、自分のクラスの園児が一家心中の道連れになって亡くなった。

彼女は「何も気づけなかった」と自分を責めた。後から考えれば、亡くなった園児と接していた時に、「おかしい」と感じた点がいくつもあったという。その「気づけたはずなのに気づいてあげられなかった」という後悔が罪悪感を生み出し、家庭にトラブルを抱える障害者に対して、度を越してこだわる理由となったのだ。

彼女が幼稚園の先生をしていのたは二十年以上も前のことだ。人の死の影響はとても強い。それが歳若くして、自然なものでなければなおさらだ。たとえ二十年以上前の出来事でも、どこかで向き合う機会がなければ、ずっとその影響を受け続ける。

彼女の体験を「ヒューマンアクセルとヒューマンブレーキの5つの質問」に当てはめると次のようになる。

■5つの質問に対する各回答■

Q1.誰(A)に対する誰(B)の影響か?
障害者作業所で働く女性スタッフに対する、二十年以上前に亡くなった幼稚園児の影響

Q2.Bの影響はアクセルかブレーキか?
ブレーキ

Q3.Bの影響はどんな言動だったのか?
一家心中の道連れになって亡くなる。

Q4.Aにどんな思考が浮かんだのか?
「何も気づけなかった」

Q5.このことからどんな発見ができるのか?
・身近な人間の死の影響はとても強い

原風景が与え続ける影響

Free-Photos / Pixabay

誰かに心を揺さぶられる体験を、私は「原風景」と呼んでいる。ポジティブな体験もネガティブな体験も、心を揺さぶられた体験は原風景となって、その人に影響を与え続ける。

風景は「風」と「景」から成る。「風」は肌で触れて感じるもの、「景」は「光」を意味するので、目で見て感じたものだ。この言葉通り、触覚と視覚の両方で感じたものはとても強く印象に残る。家族や友人といった毎日やりとりをする、身近な人間の影響が強いのもそのためだ。

彼女はその園児が亡くなる前日、幼稚園から家に送り出した時のことを、「子供の笑顔も、手触りもいまだに覚えている」と話した。たとえ二十年以上前の出来事でも、彼女の心の中では、その時のことがずっと残り続けていた。

後悔と向き合い、悲しみから立ち直る方法

www_slon_pics / Pixabay

では、どうすればネガティブな原風景の影響から自由になれるのか。それは誰かに相談することだ。この女性は私のクライアントに話すことで、「私は救いたくても救えなかった人がいて、同じような家庭を見ると突っ込んでしまう。自分を犠牲にしてしまう」と自分で気づいた。

後日、彼女は「頑張るのをやめられた」と私のクライアントに報告してきたという。彼女は自分の心を縛りつけていたものから、少しだけ自由になれたのだ。

私のクライアントに相談するまで、彼女はこの出来事をずっと忘れていた。「ずっと忘れていた」にも関わらず、「園児の笑顔も、手触りもいまだに覚えている」という矛盾が、心の複雑さを表している。

人は悲しみを忘却する。しかし、その忘却は表面的なものにすぎない。心の奥ではずっと残り続け、影響を及ぼし続ける。その影響から抜け出すには、誰かに相談することで、自分の体験を思い出し、その体験に関わった誰かとの決着を自分でつけるしかない。

人が前に進むのも、どこかで立ち止まるのも、誰かが影響している。自分や他人に何か違和感を覚えたら、5つの質問を使って「誰の影響なのだろう?」と考えてみてほしい。その誰かを特定できた時、二十年前に亡くなった園児の影響に気づいた彼女のように、再び前に進むことができるようになるだろう。

今日の内容は動画でも解説している。ぜひ合わせて見てほしい。より理解が深まるはずだ。

//////////

やる気と行動力を高める5つの質問
1日1回問いかけてみる。

Q1.誰(A)に対する誰(B)の影響か?
Q2.Bの影響はアクセルかブレーキか?
Q3.Bの影響はどんな言動だったのか?
Q4.Bの影響で、Aにどんな思考が浮かんだのか?
Q5.このことからどんな発見ができるのか?

人生を変えるマインドレコーディング

人はなぜ続けることができないのか? 続けるには「信念」が必要だ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
佐々木誠

佐々木誠

作家。コンサルタント。自己啓発とビジネスを結びつける階層性マーケティングや、自分らしさを取り戻すマインドレコーディングを提唱。様々な業種にクライアントを持ち、現在はコーチング業の傍らオンラインサロンを主宰。日刊SPA!にて「魂が燃えるメモ」を連載中。『人生を変えるマインドレコーディング』(扶桑社)発売中。

-ヒューマンアクセルとヒューマンブレーキ, 自己啓発

Copyright© 星をたどる|新しい自己啓発のススメ , 2019 All Rights Reserved.