星をたどる|新しい自己啓発のススメ

自分らしく生きるための自己啓発サイト

MBと銀座シックスで買い物。ファッションが持つ「未来を読む力」

投稿日:2018年9月20日 更新日:

銀座シックスのマルジェラで買い物

先日、友人のMBと銀座シックスに買い物に行ってきました。彼の今回のお目当ては、入荷したと噂を聞きつけたマルジェラのコートです。ただこれは確かに良かったけれども、実際に羽織ってみるとあまりに重たすぎて断念していました。ドアツードアのセレブ生活なら良いかもしれませんが、彼のように自分が動くタイプには適しませんでした。

それからいくつかの商品を物色。さらにディオールや3.1フィリップリム、銀座シックスの並びにフェンディなどを見て回ります。私は普段ハイブランドの商品をじっくり見る機会がないので刺激的でした。

私は洋服に対する関心がそこまで高くありません。人並み以上だとは思いますが、一人でハイブランドを見て回るほどではありません。だから時折、こうして連れ回してくれることに感謝しています。

自分とは異質なものに触れると、それが成長のヒントになります。なぜならその異質を通して、自分と向き合うことになるからです。いつもの友人と、いつものお店で、いつもと同じ話をしているだけでは、なかなか自分は見えてきません。こういう機会はできるだけ増やすようにしています。

一流ブランドが持つ「未来を読む力」

いろいろ見て回った結果、結局彼が買ったのはマルジェラの「スウェードのライダースジャケット」と「ヒール付き足袋ブーツ」でした。どちらも素人の私が見ても、風格が感じられるアイテムでした。

現在のマルジェラのクリエイティブディレクターは、かつてディオールのデザイナーでもあったジョン・ガリアーノです。ノームコアのトレンドが収束して装飾的なデザインが求められる現在に、マルジェラのデザイナーとして装飾を得意とするガリアーノが選ばれるのは、なんとも象徴的です。

ガリアーノがマルジェラのクリエイティブディレクターに就任したのは2014年のこと。おそらくマルジェラは時代が今のように変化していくことを予測していたのでしょう。MBからファッション業界の話を聞いていると、一流ブランドの「未来に対する感度の高さ」には驚かされます。ファッションにそれほど興味がなくとも、普通に勉強になる内容です。

実際に洋服を見ると、単にガリアーノ節が発揮されているだけでなく、そこにマルジェラらしさがきちんと息づいていいます。たとえばMBが購入したライダースはポケットが裏返したようなデザインになっています。

これはインサイドアウトといってわざと裏返したように、縫い目を見せるマルジェラ得意のデザインです。特にMBはラペルのスナップボタンまで裏返しになっているのに気づいて感動していました。確かにそこだけ普通になっていたら、統一感が失われてしまいます。

物を通して人を見る

この日の佐々木の格好。シャツはMBLRの古着です。

私も彼の話を聞き続けて、だんだんわかってきたことですが、洋服のデザインは単なる閃きや思いつきではありません。これまでの洋服の歴史を踏まえて派生していく、とても構築的なものです。

そして、その歴史をどう解釈し、今の洋服作りにどう生かすかに、その人の個性や思想が表れます。つまり洋服に接するということは、それを作った人間の個性や思想に触れるということです。

ただ、これは洋服に限りません。料理も音楽も芸術も、「どういう意図でこれを作ったのだろうか」と考えると、そこに人が見えてきます。洋服からデザイナーが見えてくる。料理から料理人が見えてくる。縄文土器から縄文人が見えてくる。物事が面白くなるのは、ここに注目するようになってからです。

また、こうした認識ができるようになると、自己啓発も自然と捗るようになってきます。大切なのは「物」ではなく、「人」です。「目標設定」や「優先順位」や「時間管理」といった物事や理屈に囚われているうちは、まだ自己啓発には達していません。いかにして物から人に認識を深めていくか、この「脱思考(デシンク)」を星を辿るでは重要なテーマとして掲げています。

おまけ

洋服を買った後はエルカフェに寄って、ストロベリーボンボンを食べました。イチゴと豆乳ホイップクリームを使ったスムージーで、ヘルシー志向にしては美味。刺激の多い、よい休日でした。

-セミナー、講演活動, 雑記

Copyright© 星をたどる|新しい自己啓発のススメ , 2018 All Rights Reserved.