星をたどる|新しい自己啓発のススメ

自分らしく生きるための自己啓発サイト

初志貫徹のための社交管理(ソーシャルコントロール)。安請け合いが自分を殺す。

投稿日:2018年8月16日 更新日:

人間は様々なものから影響を受けます。しかも、その影響に気づかず、自分で決めたことだと考えます。本当は「決めさせられた」にも関わらずです。それは嘘の決定、決断であり、本当のモチベーションにはなりません。どんどん居つきが悪くなってモヤモヤしてしまい、結局続けられなくなってしまいます。

先日、私のクライアントがこの状態になりました。先週まで普通だったのに、ビジネスについてどんな話をしても、合理性に凝り固まった、針に糸を通すなような考え方しかできなくなっていました。最初はこちらもビジネス的に話を聞いていましたが、途中で彼にそもそも元気がないことに気づいて、「最近何かありましたか?」と尋ね、彼のここ十日間の出来事を伺いました。

お盆で実家に里帰りしたこと、私が大阪で開催したセミナーに参加したことなど、色々な話が出ましたが、今の状態になった原因は、彼の仕事である相談業でした。普段、相手とのやりとりはメールを使っているのですが、先週から始まった相談では、相手の希望でLINEで使うことになったそうです。しかし、これはそんな風に安請け合いしていいことではありません。

メールとLINEではコミュニケーションの質が違います。メールを書くとなると、相手もそれなりに気を使います。しかしLINEはその気を使う意識が薄くなり、気軽に連絡するようになります。毎日メールを送るのは大変ですが、LINEだとそれができてしまいます。同じ「文字に起こす」という行為でも、そこには明確なハードルがあります。実際、彼が朝起きたら、夜中の三時にLINEが来ていたそうです。

相談業はデリケートな仕事です。自分を守りながらでなくては、相手のネガティブを受けてしまいます。これはとても大きな影響です。ネガティブというのは気分であり、具体的に「こう」と表現できません。にもかかわらず、いつのまにか感じ方も考え方も歪められてしまいます。それはつまりせっかくの志をいつのまにか発揮できなくなるということであり、ビジネスを進めるにあたって致命的な阻害要因となります。これは相談業に限らず、相手の要求をどこまで受け入れるかという点で、全てのビジネスに共通します。

もし本当に成功を望むなら、「社交管理(ソーシャルコントロール)」を徹底しなくてはなりません。誰と付き合うか、どんな風に付き合うかは自分のパフォーマンスに大きく関わります。その影響は目に見えずわかりにくいからこそ、余計に気を遣わなくてはなりません。特にビジネスは規模拡大が前提なので、時間や場所、内容や頻度といった付き合い方が重要になります。

「自分と他人」という表現をすると、なんだか対等のように聞こえるかもしれません。しかし実際は自分は一人しかおらず、他人は何人もいます。その事実に気づかなくては、ただただ翻弄されてお終いです。「なんで何にも上手くいかないんだろう」と思うことはありませんか。だとしたら、それは気づかないうちに自分を蔑ろにしているからです。

人間は一旦影響を受けてしまうと、今回のクライアントさんのように、調子が上がらないまま一週間や十日くらい経ってしまいます。変化が目に見えて、指摘できるまで修正できないのです。それは精神的な風邪のようなもので、その間は何をしてもうだつが上がらなくなります。体調管理と同じくらい、メンタル管理は重要です。そして、その肝は人間関係にあります。

一度、自分の人間関係を調べてみて下さい。いつ、誰と、どんな風に時間を過ごしたか。本当はやりたいことがあったのに、誰かの頼みを安易に引き受けたりしていないか。安請け合いが多ければ多いほど、自分の価値は低まり、成功は遠ざかります。

-コミュニケーション, 自己啓発

Copyright© 星をたどる|新しい自己啓発のススメ , 2018 All Rights Reserved.