星をたどる|新しい自己啓発のススメ

自分らしく生きるための自己啓発サイト

人生が変わる会話術「紡績言語(スピンワード)」とは?

投稿日:2018年9月3日 更新日:

上辺だけのテクニックでは意味がない

会話術として一般的に思い浮かぶのは「NLP(神経言語プログラミング)」かもしれません。相手の口調や仕草をまねるといったテクニックは、NLPという言葉を知らなくても恋愛本や営業本で誰でも読んだことがあると思います。

たしかにNLPには効果があります。私も家庭教師を始めた頃はこうしたテクニックをよく使っていました。相手の仕草や口調をまねると、自然と親近感が湧いてきます。家庭教師は勉強を教える前に、相手に気に入られなければ話にならないのでとても重宝しました。

しかし、だからといってそれで仕事で契約が結べたり、恋愛で彼女が作れるわけではありません。なぜなら人と人がつきあうということはその瞬間だけでなく、過去と未来を含めた人生全体に関わる出来事だからです。よしんば勢いで関係が生まれても、徐々に価値観の違いが明らかになってぎくしゃくしはじめます。

ナンパなどのゆきずりの関係がお望みならそれで良いかもしれませんが、そうではない恋愛やビジネスで深い関係を望む人までが上辺だけのテクニックに追いかけています。

人間には過去がある

今の人間はこういう当たり前のことがわからないくらい馬鹿になっています。誰でも機械的に行動すれば同じ結果になる、そういう方法があると信じているのです。私も以前はそうでした。しかし、そんなのは幻想に過ぎません。なぜなら私たちは機械ではなく、生きている生身の人間だからです。

人間は一人一人違います。腎臓が二つあるとか、心臓が一つあるというのは確かに同じかもしれません。しかし、どんな風に生まれ育ってきたか、そこで何を大切に思うようになったかは、一人一人異なります。全員が異なる過去、異なる歴史をもって今を生きています。

仕事が大切な人もいれば、家族が大切な人も、趣味が大切な人もいます。そして実際はもっともっと細かいレベルで、自分だけの信念を持っているのです。それを見落としてしまうと、自分のことも相手のことも理解できず、お互いのためになる会話にはなりません。

言葉を生み出す想念と信念

本当の言葉は空気から生まれます。お互いの気配や雰囲気が混ざり合い、ふと紡がれる言葉だけが人生を打開します。私は去年、新潟にある白山神社に参拝して、「これからは自己啓発を仕事にします。もしそれに関係する依頼があれば、私は決してそれを断りません」と誓いました。

それから一週間後にたまたま参加した飲み会で仕事の話になり、そこにいらしていた編集者さんに「うちで書いてくださいよ」と言ってもらえました。私にとってはまさに渡りに船です。「ぜひお願いします」と二つ返事で頷いて日刊SPA!での連載が始まりました。

その時、私には「自分の仕事は自己啓発だ」という信念がありました。そして、「そのために誰からの依頼も受ける」という想念がありました。このように信念は自分だけのもので、想念には相手がいます。そしてこの想念が俗に言われる「空気」「気配」あるいは「雰囲気」の正体です。

私たちは実際に言葉でやりとりする前から、相手の人となりをなんとなく察しています。多くの場合、それは姿勢や服装が理由と思われていますが、本当は違います。なぜなら、それは現実として現れている時点で、言葉と変わらないからです。言葉や姿勢や服装という形になる以前に、まず想念と信念があるのです。

紡績言語(スピンワード)とは?

イライラした人間がいると、口には出さなくても周囲までイライラしてきます。それで些細なやり取りが口論まで発展した経験は誰にでもあると思います。これは「売り言葉に買い言葉」が紡がれてしまっています。また自分が「仕事を受けよう」と思えば、そのチャンスになる会話が生まれます。このように「ふと紡がれる言葉」を星を辿るでは、「紡績言語(スピンワード)」と呼んでいます。

それは狙って話すのではなく、ふとした拍子に、雑談や世間話に近い感覚で生まれます。だから多くの成功者は自分の成功について「人に恵まれたお陰」「運が良かったから」と理由を語ります。しかしその運命を作り出しのは、信念と想念に他なりません。

連載の経緯についてお話しすると、「よくそのチャンスに飛び乗れましたね」と驚かれることがあります。人間は目の前にチャンスがやってきても、なかなかそれを掴めません。「でも、自分にそんなことができるのだろうか」と悩んでいると、せっかくの話が立ち消えになってしまうことだってあります。さっと応じれるのは、前もって準備をしているからです。

自分がどんな想念を持っているのか、そしてどんな信念を持っているか。自分自身に対する認識が現実を動かします。仕事に関して、お金に関して、恋愛に関して、家族に関して、人間は数限りない「AはBだ」という信念を持っています。しかも、それが常識だと思い込んでいるから確認もしません。だから自分の思いこみ通りに進んで、運命に縛られてしまいます。

もし自分らしく生きたいのなら、まずはその自分とは何かを振り返りましょう。うまくいかない時は人は「なんでうまくいかないんだ」と嘆きますが、自己啓発が進むと、「そりゃあうまくいかないよな」と納得できるようになります。そしてその納得と共に、自分の想いが少しずつ現実化するようになります。

-コミュニケーション, 自己啓発

Copyright© 星をたどる|新しい自己啓発のススメ , 2018 All Rights Reserved.