職場や学校で理不尽な目にあったら、心に剣を持って戦いなさい

闘争

「最近、職場で喧嘩を売られなくなった」

先日、クライアントのSさんからそんな連絡がありました。彼は職場で問題を抱えていました。気の強いが同僚がいて、その同僚にことあるごとに怒鳴りつけられたり、難癖をつけられたりしていたそうです。

学校でも職場でも、頭のおかしい人間はどこにでもいます。勝手に物事を決めつけて、それが叶わないと癇癪を起こすのです。そして、その被害を受けるのは、物事を穏便に済ませようとする穏やかな人間です。Sさんがまさにそのタイプでした。

人間には文明的な部分もあれば、野蛮な部分もあります。そして、それは普段のコミュニケーションにも反映されています。自分の虫の居所が悪い時に、相手に難癖をつけて、溜飲を下げようとする。しかも、それがさも正論であるかのように、理屈でカモフラージュする。

「なんできちんと片付けないの!」
「なんで言われた通りにやらないんだよ!」

この「なんで」は理由を求めていません。自分が望む状態になっていないことに腹を立て、その感情的な不満をぶつけているだけです。「怒るのと叱るのは全く違う」と言いますが、「野蛮か文明的か」の違いがそこにはあります。

こういったやりとりは親子、友人、同僚など、あらゆる人間関係で起きています。というよりも人間は人間である前にまず動物なので、フラストレーションが溜まると、これをどこかで発散したくなるのです。この時、人は容易に公私を混同します。仕事でむしゃくしゃすることがあって、家族にそれをぶつけるのはその典型です。

Sさんはこの当たり散らしの標的にされていました。動物は一番抵抗しなさそうな相手を獲物に選びます。穏便に済ませようとするタイプは、時にこの無抵抗の獲物に見えてしまいます。

ですから、こういった問題を解消するには、こちらも動物的な側面を出さなくてはなりません。私はすべてのクライアントさんに「心に剣を持て」というアドバイスをしています。

人は誰もが感じたいものを感じられる力があり、感じたいものを感じられる権利があります。それが奪われようとするならば、戦わなくてはなりません。動物は生まれながらにして、身を守るための爪や牙を持っています。それと同様に、私たちは「それは違う」と相手にノーを突きつけることが、生まれながらに許されているのです。

「心に剣を持て」というと、物騒に聞こえるかもしれません。しかし、こちらが無抵抗ではなく、自分が傷つけられる恐れがあるとしたら、相手もそう簡単に手は出しません。ですから、ここでいう剣とは、お互いに手を出さないための抑止力です。

本当は言いたい事があるのに黙っていたり、嫌だと思っているのにヘラヘラしていると、相手はますます調子に乗ってきます。一方的な暴力によって、争いが表面化していないことを「平和」と呼ぶならば、「ふざけるな」と声を上げて戦う方が何倍もマシです。

私も学生時代から、物事を穏便に済ませるタイプでした。しかし、そういった態度でいると、こちらを舐めてかかる相手も出てきます。その現れ方は馬鹿にしたり、軽く小突いたり、と色々です。

そんな時は、一度相手を脅しつけたり、殴りつけたりすると、「ああ、こいつは手を出しちゃいけないんだな」と相手も気がついて大人しくなります。面白いのは、それで相手と疎遠になるのではなく、仲良くなれるのです。

私は子供の頃から父親の仕事の都合で転校を繰り返していました。転校先でいつも同じことが繰り返されていたので、途中から「ああ、またか」となんとも思わなくなりました。もし子供の頃に今の知識があれば、そんな面倒自体が起こらなかったかもしれません。

「やられたらやり返す」
「言われたら言い返す」
「無抵抗をやめる」

もしあなたが理不尽さを感じているならば、まず心の中でそう決めましょう。どんな言動になるかはケースバイケースです。ただ、すべての変化は心の変化から始まります。それは間違いありません。

Sさんには「自分の価値を理解し、大切に扱うことで、はじめて周囲も一目を置くようになる」と話していました。自分に自信を持つこと、自分の価値を認めてあげること。自分に価値があるならば、それを奪おうとする者から守ろうとして、当たり前です。

こういった心の変化が、立ち居振る舞いを変え、言動を変え、そして周囲の人間の反応を変えていきます。自分を開いて発する「自己啓発」は人生を変えるための、もっとも根源的なアプローチです。

もちろんあまり我が強すぎても、周りと軋轢を生んでしまうかもしれません。しかし、そういった心配をするのも、まず自分が剣を持ってからです。「争いごとは良くない」「人を傷つけてはいけない」と私達は幼い頃から教え込まれていますが、自分が傷つけられている状況を無視して、理想を持ち出しても仕方ありません。

大切なものを奪われ、いらないものを押し付けられる。そんな人生はもう終わりにしましょう。誰かを傷つけようとするのではなく、降りかかる火の粉を払おうとするだけです。自分の意思と感性を守るために剣を持つのは、人間以前の、動物として与えられた当然の権利です。

【人生を変えるきっかけに……オンラインサロン「星をたどる」】

「星をたどる」では自分らしく生きるためのコミュニティをご用意しています。

・メンバー限定交流SNS
・週1回のYouTubeライブ配信
・月2回のオフライン交流会

自己啓発には理解だけでなく、体験が重要です。誰かの体験に触れることで、「そういえば自分にも似たようなことがあった」と閃きが生まれ、その閃きが人生が変わるきっかけになります。私たちが必要としているのは、お互いがお互いのヒントになるような「溜まり場」です。

手取り足取り教えることはありませんが、その分だけ自由に自分のペースで学べます。そもそも自己啓発には時間がかかるものです。インスタントな解決を謳う手法はすべてまやかしだと、あなたは既にご存じだと思います。急がずゆっくり、しかし着実に進みたい人にオススメです。もちろん効果は折り紙付き。お陰様で「自分の考え方について見直す良いきっかけになり、全てが新鮮に感じました」「動画を見た次の日の朝、涙を流しながら目覚めました」といったお喜びの声を頂いております。

会費は月額制でやめたい時にいつでもやめられます。まずは一度、ご参加ください。もちろん、実際は「ここにしかない内容ばかりなのでやめられない、やめようと思わない」とメンバーに言っていただける価値をご提供しています。特にこのブログに書かれた内容に「そんなやり方、考え方があるのか」と興味をお持ちならば、きっとご満足いただけるでしょう。

詳細は下記販売ページをご覧下さい。コミュ二ティは参加者が増えれば増えるほど、シェアできる話題が増えて、イベントなどできることも増えていきます。一緒にお互いの人生を豊かにしていきませんか。あなたのご参加をお待ちしています。

オンラインサロン「星をたどる」

闘争