星をたどる|新しい自己啓発のススメ

自分らしく生きるための自己啓発サイト

自分がわからなくなった時、成長と変化が始まる

投稿日:2018年5月3日 更新日:

先日、「友人間のLINEグループから強制退会させられた」という相談を受けました。相談者さんはそれがかなり応えたらしく、人間関係について悩み、「なにがつっかえているのかさえ、自分でもわからない」「これから自分はどうやって前に進めばいいのか、ご教授いただければ」と仰っていました。

この「自分で自分のことがわからなくなる」というのは、ほとんど全ての悩み相談に共通しています。仕事の悩みでも、子育ての悩みでも、私たちは自分を見失います。しかし、「ではそうした悩みを抱える前は、自分を理解していたのか」というと、そんなことはありません。

人間は一度理解したら、忘れることはあっても、わからなくなることはありません。自転車の乗り方を覚えたら、何年乗ってなくても、ちょっと練習するだけでまた乗れるようになります。ですから「自分がわからなくなった」というのは、わからなくなったのではなく、本当は最初からわかっていなかったのです。

人間は色々な物事から絶えず影響を受け続けています。持って生まれた感性、人間関係上の役割、身を置いている環境、過去の挫折経験。ある出来事に対して、どの要素が反応するかはその都度違います。情熱から積極的に動くこともあれば、自分の立場から無難に済ませることもあれば、過去の挫折を思い出して「どうせ上手くいかない」と諦めることもあります。

自分の判断や行動に対して、その動機が自覚できる状態が「自分自身に対する理解」です。しかし自己啓発に興味がなければ、そんな面倒なことを丹念に辿ろうとは思いません。そうして、その自分に対する無理解が、ある日、対人関係のトラブルといった形で表面化します。

たとえば今回の相談者さんがLINEグループで強制退会させられて、なぜそこまで大きなショックを受けたのか。それは「人間関係でそういうことは起きない」という無意識の期待があったからです。

しかし、自分以外の人間がどう振る舞うかなんて、誰にもわかりません。「信じていたのに」と裏切られた気持ちになるのは、自分が勝手に信じていたからです。そこには自分と他人に対する誤った同一視があります。その誤り直面させられたからこそ、「自分がわからなくなった」と悩むのです。

ですから、あらゆるトラブルや悩みは、そうした誤解を正す、理解を促す機会になります。「自分は自分、相手は相手、友人関係や契約や取引が反故にされることはいつだってありうる」とわかっていれば、実際にそうなってもショックを受けないとは言わないまでも、そこまで狼狽えたりしません。相手を信じないとか疑うとかネガティブな意味ではなくて、最初から適度な距離感でつきあえるようになります。

黒田如水は「君子の交わりは淡きこと水の如し、小人の交わりは甘きこと醴の如し」と言いました。この言葉から経営者や実業家の集会は「淡水会」や「如水会」といった名前がつけられることが多いそうです。人間関係は親してくても、さらりとしていた方がうまくいきます。親子でも親友でもそれは変わりません。

私たちは親しくなったり、仲間になったりすると、すぐに相手も自分と同じように考えるんだ、同じように振る舞うんだ、と思ってしまいます。しかし、それがほとんど全ての不幸の始まりです。親が子の幸せを願うのは当然ですが、親が子の幸せをわかると思うのは傲慢です。

また人間関係のトラブルに対して、どちらに非があるのか、どちらが悪いのか、という議論は不毛です。こちらにはこちらの言い分があり、向こうには向こうの言い分があります。それを戦わせてどこかの場所で勝ったとしても、相手が納得することはないでしょう。

自分の正義を振りかざして、相手を打ち負かして、溜飲を下げたとしても、自分と相手はもともと別の人間で、別の考えをして、別の振る舞いをするという学びは得られません。するとその人はまたどこかで同じようなトラブルに巻き込まれます。自分の考え方や捉え方が変化せずに、以前と同じように人付き合いを続けているからです。

だから悩みやトラブルは「自分がわからなくなる瞬間」ではなく、「まだわかっていなかった自分を理解するための機会」です。時にはショックがあまりに大きく完全に打ちのめされて、何もかも放り出したくなる時もあるでしょう。その時は放り出せば良いのです。ただ次がなくなる、人生そのものを放り出すのはやめて欲しいと思いますが。

打ちのめされるくらいショックが大きいのは、それが深く響くような心の構造が自分にあったということです。思いを巡らせば、その響いた分だけ学びがあります。時には見つめ直すのに、他のことをやりつつ一年くらいかかる場合もあるでしょう。

しかし、諦めなければ「ああ、あの時の出来事はこれを理解するためだったんだ」という日が来ます。その日から人生は本当の意味で変わり始めます。自分自身が理解し、成長し、変わったからです。

-セルフコントロール, 自己啓発

Copyright© 星をたどる|新しい自己啓発のススメ , 2018 All Rights Reserved.