星をたどる|新しい自己啓発のススメ

自分らしく生きるための自己啓発サイト

自分の道の見つけ方。本当の人生は挫折の先にある。

投稿日:2018年4月23日 更新日:

先日、藤木相元さんが亡くなっていたことを知りました。藤木相元さんは人相から素質や性格、運命を割り出す「観相学」の大家です。以前はよく「笑っていいとも」や「ロンドンハーツ」といったテレビ番組に出演して、有名人の運勢を占っていたので、ご存知の方も多いと思います。

私も子供の頃、何度か出演者の人相を解説しているのを見たことがありますが、その時は「そんなホクロの位置とか、鼻の大きさで人生がわかる訳ないだろう」と馬鹿にしていました。しかし、今では「そういうこともありえる」と感じるようになりました。

というのも、私自身が「人生は言葉で決まる」と考え、それを仕事にしているからです。どんな言葉遣いをしているか、何を話し、また何を隠しているかで、人間の行動はおおよそ決まり、どんな人生を歩むかも決まってきます。

実際に私はこれまでに多くの方と対面相談を行い、相手の話す言葉から思考や感情をを見極め、苦しみや悲しみの原因を突き止めることで、再び前を向いて歩めるようにお手伝いをしてきました。人生は言葉で決まり、言葉で変わる。私はそう考えて仕事をしています。

しかし、多くの人にとって「言葉」とはそこまで特別なものではありません。私にとって「言葉」にあたるものが、彼にとっては「顔」だったとすれば、相手の人相から問題点を突き止め、人生を導くのも不可能とは思えなくなりました。

ですから、そうした断言は客観的なものではありません。「本当にそうなのか」どうか問題ではなく、その人が選んだ道で培った直感に根ざしています。そして、そういう道を志す時は必ず悲しみに直面しています。

藤木相原さんは戦時中、特攻隊に配属されながら生還、戦後は自分が戦った沖縄の人たちを弔おうと出家して、骨を拾っていたそうです。そんな折に「ひめゆりの塔」を撮影に来ていた映画監督の小林一三と出会い、彼から松下幸之助を紹介され、今ではお馴染みの電子炊飯器の開発に関わりました。

彼は得度したお寺で「沖縄で骨を拾うといっても、他にやることもないだろうから」と、達磨大師が著した観相学の書物を渡されたそうです。それが彼が観相学を志すきっかけです。

戦中、彼は女性たちに「自分は生き残れるだろうか、生きて結婚できるだろうか」と尋ねられたそうです。その時、「一体何と答えればいいのだろうか?」と苦難したことは、想像に難くありません。

こうした経験と巡り合わせから、「人生は運によって左右され、その運は顔で決まる」と考えるに至っても不思議ではありません。それは客観的な正しさや、「その方が効率が良い」という方法論ではなく、自分の人生の中から導き出された答えです。そして、その重みから生まれる言葉が相手の心を震わせ、人生が変わり始めるきっかけになるのです。

生死に関わる戦争をくぐり抜けた彼ほどではありませんが、私も過去に挫折を経験したことがあります。私は以前、塾講師と家庭教師を生業にしていて、「人間は変わることがない。何をやっても無駄」と考えるようになりました。

「勉強をしても成績が上がらない」という訳ではありません。たとえ成績が上がっても、本人には少しも身についておらず、私がいなければ元通りなってしまうことに、ある時気づいたのです。単に自分の解説がうまいだけで、相手の成長には何も貢献もしていない。これは教える者として、言葉にできないくらいの悲しみでした。

うわべの成績が上がるだけでなく、人間性そのものが変わるやり方はないのか。その探求の中で、私が見つけたのは「言葉」でした。普段何気なく発している言葉には、実は意識の恐ろしく深い部分が反映されていて、そこにアプローチすることで人生が変わっていきます。それに気づいたのは、あの時の挫折がきっかけでした。「人は変わらない」という徹底的な体験が、「人は変わる」という道に私を導いてくれたのです。

自己啓発というと何か客観的な、誰でもやれば上手くいく方法があると思うかもしれません。でも、そんな魔法はありません。自分に向き合い、自分を開き、自分を発する。自己啓発はすべての絶望と、すべての希望を抱いて進む、もっともっと泥臭い生き様そのものです。

「これが自分の人生なのだろうか?」
「自分の生活は今のままで良いのだろうか?」

もし、そうした悩みを抱いたなら、過去の挫折にこそ自分の道を見つけるヒントがあります。塾講師や家庭教師は人によっては学生時代のアルバイトに過ぎません。しかし「教えること」は私にとっては本当に大切なことだったのです。

あなたにとってそれは何でしょう。何があなたにとって本当に大切なことなのでしょうか。

すべての道は自分自身の興味関心から始まります。絶望や失望を覚えるのは、そこに希望を見出していたからです。その希望を思い出せた時、自分だけの人生が始まります。本当の道は挫折の先にあるのです。

-セルフコントロール, 自己啓発

Copyright© 星をたどる|新しい自己啓発のススメ , 2018 All Rights Reserved.