やりたいことをやると風向きが変わる。自己啓発の必要性。

テーマ

「あれだけ陸上がやりたかったのに、電話すらしなかった」

これはある車椅子の青年の言葉です。彼はこの一年間、何もしてこなかったそうです。周りには「宅建(宅地建物取引士)を取れ」と言われていたのですが、どうしても勉強に身が入りませんでした。その理由は単純で、宅建は彼のやりたいことではなかったからです。

そんな彼に最近、変化が起きました。養護学校の恩師に連絡を取ったところ、「お前のやりたいことは何だ?」と聞かれて、彼は「陸上」と答えました。すると、その恩師が車椅子陸上のチームを紹介してくれました。

その恩師に練習のある競技場まで連れて行ってもらい、参加してみると、コーチにべた褒めされ、「ぜひ」とチームにも誘われました。さらにその日予定していた人がたまたま来れなくなったらしく、コーチが5時間もマンツーマンで練習に付き合ってくれたそうです。

もし彼が恩師に連絡を取らなければ、この一連の出来事は起きませんでした。変わったのは青年ばかりではありません。彼の行動によって、チームやコーチにも変化が起きています。月並みな表現ですが、たった一本の電話から全ては始まるのです。

今までどおりの場所に通い、今までどおりの人に会っていれば、今までどおりの人生が続きます。もしそれに満足しているならば、何の問題もありません。しかし、「もっと何かあるんじゃないか」と感じているなら、行ったことのない場所へ出かけ、会ったことのない人に会いに行きましょう。

そのきっかけになるのが自己啓発です。「お前のやりたいことは何だ?」「陸上」というやりとりによって、自分のやりたいことを表に出せたから、今回の物事は動き出しました。

頭ごなしに良し悪しを決めつけてくる人たちに囲まれていたら、こうした会話は生まれません。「そんなことして何になる」と言われるのがわかっていたら、自分の思いを出さなくなって当然です。

「やりたいことをやれ」
「自分らしさを表現しろ」

耳障りのいい広告やCMでは、こうした言葉がよく踊っています。しかし、社会は本当にそれを受け止める態度を取っているでしょうか。言ってみたら、やってみたら、反対された、けちょんけちょんにけなされた。そんな経験ばかりだと思います。

しかし、今回のように、真っ向から受け止めてくれる人間もまたいるのです。「お前が本当にやりたいことは何か?」と尋ねられて、自分の本心を明かせる。それはお互いが本気だからです。本気だからこそ、この恩師はチームを紹介してくれたのです。

文章にすると何気なく聞こえるかもしれません。でも、それは奇跡に近いやりとりなのです。そして、それは障害者だけに限らず、自分を押さえつけて生きている全ての人間に必要なことだと、私は思います。

「お前のやりたいことは何だ?」

その問いに素直に答えられて、「ああ、自分はこれがやりたかったのか」と確認できる。そうすれば何かに参加し、誰かに出会うのは難しくありません。そして、それが本当に必要なことであれば連鎖していきます。

0を1にするのは大変ですが、1が2になり、3になるのはあっという間です。やりたいことをやると、風向きが変わります。輝こうとしている人を、人は自然と応援したくなるからです。

その原点となる「本当にやりたいこと」を引き出すのが自己啓発です。目標設定も時間管理も掃除も対話も、そのための手段にすぎません。そして一旦、「自分はこうする」とテーマが決まれば、そのために必要な情報がサインとして生活の中で見えてきます。

ちなみにこの車椅子の青年の話は、私がコーチングをしているヤスさんから伺いました。彼は滋賀県で障害者スポーツ「ボッチャ」の事務局長をしています。話に出てくる「養護学校の恩師」というのが彼です。

この青年には弟さんがいて、彼はもっと障害が重く、左手しか動かせないそうです。そんな弟さんを障害者スポーツ「ボッチャ」に誘ったのが、ヤスさんが滋賀県でボッチャ協会を運営するきっかけにもなったそうです。

今回の件で、兄を車椅子陸上チームに紹介し、彼が練習しているのを眺めながら、「ああ、俺は兄貴ともこうなるのか」と不思議な気持ちになったそうです。

一人の人間が変わると、その人に関わる多くの人間が変わります。であれば、できるだけ幸せな連鎖が起きるように心がけたいと思うもの。私も彼もそういった気持ちで動いています。

ぜひ彼のブログもご覧になってみてださい。「やりたいことをやる」という最も単純で、だからこそないがしろされていることを、応援している人がいる。それはきっとあなたの励みになるはずです。

ヤスさんのブログ「夢へのenzin

 

【SHOP星をたどる】

「星をたどる」ではブログで公開している内容以上の商品、サービスをご提供しています。

・多くの方の人生を変えてきた対面相談
・メール相談とフェイスブックグループによるオンラインサロン
・参加費2万円、小規模トークセッションを収録した限定動画
・総時間40時間超、あらゆる自己啓発について解説した動画アーカイブ

対面相談はもちろんですが、メール相談や動画でも「次の日の朝、涙を流しながら目覚めた」など、驚くような反響をいただいています。詳細は下記販売サイトをご覧下さい。

SHOP星をたどる

テーマ