星をたどる|新しい自己啓発のススメ

自分らしく生きるための自己啓発サイト

ヒューマンアクセルとヒューマンブレーキ 自己啓発

ロロノア・ゾロから学ぶ心の強さ(ヒューマンアクセルとヒューマンブレーキ解説)

投稿日:2019年12月2日 更新日:

ゾロが世界一の剣豪を目指す理由

vinsky2002 / Pixabay

『ワンピース』という少年漫画がある。主人公のルフィが海賊王を目指して、仲間と旅をする海洋冒険譚だ。そのルフィの最初の仲間になるのが、「海賊狩りのゾロ」という異名を持つロロノア・ゾロだ。

ゾロは「世界一の剣豪」を目指している。その目標には、彼の幼馴染だった少女「くいな」の存在が強く影響している。くいなはゾロの剣の師匠コウシロウの娘で、ゾロは何度も勝負を挑んだが一度も勝つことができなかった。

ある日、ゾロとくいなは「どちらかが世界一の剣豪になる」と約束をする。しかしその翌日、くいなは階段で転んで命を落としてしまう。ゾロは泣きながらも、彼女の形見である刀「和道一文字」をコウシロウから譲り受け、「天国までおれの名前が届くように世界一強い大剣豪になる」と宣言する。

これが『ゾロが世界一の剣豪を目指す理由』だ。これも「ヒューマンアクセルとヒューマンブレーキの5つの質問」に当てはめると次のようになる。

5つの質問に対する各回答

Q1.誰(A)に対する誰(B)の影響か?
ゾロに対する幼馴染(くいな)の影響

Q2.Bの影響はアクセルかブレーキか?
ブレーキ

Q3.Bの影響はどんな言動だったのか?
家の階段で転んで死ぬ

Q4.Aにどんな思考が浮かんだのか?
「天国までおれの名前が届くように世界一強い大剣豪になる」

Q5.このことからどんな発見ができるのか?
・くいなはずっとつきあいのある幼馴染。
・一度も勝てなかったライバル。
・「どちらかが世界一の剣豪になる」と約束した仲間。
・その大切な人が死んだことに対する悲しみ。
・命のはかなさや世界の理不尽さを感じて挫折するような出来事。
・強い悲しみは誰かと分かち合って乗り越えるもの。
・しかしゾロは「悲しみ」だけでなく「怒り」を持つことができた。
・誰かの助けを必要とせずに立ち直ることができる。それが心の強さ。

 ゾロが示す『心の強さ』

mohamed_hassan / Pixabay

ヒューマンアクセルとヒューマンブレーキでは、「影響を受けた人物」と「影響を与えた人物」の関係に注目する。ゾロとくいなの結びつきは強い。それは「幼馴染」「ライバル」「約束をした仲間」という三つの関係で結ばれているからだ。

そんな相手が突然死んでしまう悲しみは想像するに余りあるものだ。人の命のはかなさや、世界の理不尽さに絶望して、今まで続けてきたことを投げ出してしまってもおかしくない。いわゆるトラウマだ。

そのトラウマを乗り越えるには、誰かとその悲しみを分かち合う必要がある。そして、そのための機会が訪れるのは、何年も経ってからの場合が珍しくない。

しかし、ゾロは「悲しみ」を抱えると同時に、「怒り」を持つことができた。それは人の命のはかなさや、世界の理不尽さに対する怒りだ。

ネガティブな影響を受けた時の感情には二種類ある。それが「悲しみ」と「怒り」だ。ネガティブな影響に対して抵抗力がなければ「悲しみ」を覚え、抵抗力があれば「怒り」を覚える。

ゾロは何年もかけて向き合うような悲しみを一瞬で乗り越え、「天国までおれの名前が届くように世界一強い大剣豪になる」と宣言した。このことは彼の心の強さを表している。

やる気と行動力は「心に誰がいるか?」で決まる

qimono / Pixabay

くいなの存在はゾロの心の中で生き続け、やる気と行動力の源になっている。「ワンピース」はフィクションだが、このやる気と行動力の仕組みは現実と何も変わらない。

やる気と行動力が生まれるのは、欲求や願望ではない。成功やお金や名声といった欲求、あるいは「ミュージシャンになりたい」「野球選手になりたい」といった願望があっても、そのために行動するとは限らない。これは誰でもうんざりするくらい覚えがあるだろう。

では、やる気や行動力の源は何か。それは「人間」だ。ゾロにとって「事故で死んだくいな」はネガティブな影響を与えるヒューマンブレーキになったが、それを乗り越えたことで「世界一の剣豪になると約束した天国のくいな」は彼にポジティブな影響を与えるヒューマンアクセルとなっている。

もしやる気不足や行動不足で悩んでいるのなら、ぜひ自分の心に誰がいるかを、「ヒューマンアクセルとヒューマンブレーキの5つの質問」で確かめてみてほしい。心の中で自分の背中を押してくれる人物が増えて、自分の足を引っ張る人間から自由になった時、やる気と行動力が高まっている自分に気づけるはすだ。

今回の話は動画でも話している。ぜひ合わせてご覧になってほしい。より理解が深まるだろう。

//////////

やる気と行動力を高める5つの質問
1日1回問いかけてみる。

Q1.誰(A)に対する誰(B)の影響か?
Q2.Bの影響はアクセルかブレーキか?
Q3.Bの影響はどんな言動だったのか?
Q4.Bの影響で、Aにどんな思考が浮かんだのか?
Q5.このことからどんな発見ができるのか?

人生を変えるマインドレコーディング

人はなぜ続けることができないのか? 続けるには「信念」が必要だ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
佐々木誠

佐々木誠

作家。コンサルタント。自己啓発とビジネスを結びつける階層性マーケティングや、自分らしさを取り戻すマインドレコーディングを提唱。様々な業種にクライアントを持ち、現在はコーチング業の傍らオンラインサロンを主宰。日刊SPA!にて「魂が燃えるメモ」を連載中。『人生を変えるマインドレコーディング』(扶桑社)発売中。

-ヒューマンアクセルとヒューマンブレーキ, 自己啓発

Copyright© 星をたどる|新しい自己啓発のススメ , 2019 All Rights Reserved.